学科長あいさつ

みなさんへのメッセージ

 美術文化の世界に関心や憧れを抱く人の想いは、自らの感性を自由に表現してみたい、美術の世界を探求してみたい、ということに尽きるでしょう。ただ、そのためには多くの修練を積み、知識を学び取らねばならないことへのためらいもあるはずです。 美術学科では、そんなひとりひとりの希望や夢の達成のために、あなた自身が気づかずに持ち合わせている潜在能力の活性化を図り、創造性を高めるためのマンツーマン指導を行います。皆さんはその成果を一年一年実感するなかで、美術を学ぶ喜びとともに、自らの資質を将来に向けて発揮できる自信を得ることができるでしょう。

美術学科では、洋画・日本画・陶芸・漆芸の各専門分野に加え、美術史、文化財、自然や都市からも美術文化全般を広く探究する「学芸文化財専攻」もあります。各専門実技分野の高度な造形能力を培って創作に専念することも、美術文化の理解への知的関心を新たな専攻で深化させることも、あるいは相互間の横断的学習も自由です。私たちは、広く深い美術文化の世界へのアプローチを支援するために、あなたを待っています。

美術学科長 市島 桜魚