年間行事予定

修士論文題目

◆平成26年度
● 新しい英文法教授法の開発― 大場Gテストを活用して ―
● 室町期能登守護畠山氏の研究
● 幕末期加賀藩の政治動向について―前田斉泰の動向を中心に

◆平成25年度
● 中世能登の生産と流通―珠洲焼を中心として―
● 三引遺跡出土玦状飾の研究 (附)製作体験の教材開発

◆平成24年度
● 谷崎潤一郎『兄弟』の研究-「知力」と「技巧」の立証-
● 公儀普請と近世初期の幕藩関係
● 天保飢饉下の富山藩-公権力と地域社会-
● 建武政権下における奥州武士の政治的動向-北奥地域を中心として-

◆平成23年度
● 森鷗外の演劇改良―「玉篋兩浦嶼」試論―
● 戦国期能登内浦の領主と村落

◆平成22年度
● 高校生用英文法テストの作成及び検証
● 戦国期能登国一宮気多社と吉田神道―吉田兼右への返伝を中心に―
● 北陸・東北の古代土器からみた末古窯群出土土師器について
● 近世後期における男女奉公人の存在形態―能登地域の百姓奉公人を主として―
● 近世後期における金沢城下町住民の食生活

◆平成21年度
● 「秋の哀れさ」の発想―『経国集』を中心として広がる宋玉・潘岳―
● 二十一代集における「アヲ」・「ミドリ」考―白氏文集との比較をとおして―
● 『明月記』に書かれた式子内親王の記事について―親密な交際関係を再考して―
● 係助詞「なむ」からみた『伊勢物語』成立論考
● 戦国期加賀国における荘園所領と地域社会