「経営システム学科」の特徴

 経営システム学科は、情報ビジネス学科の「情報処理能力の養成」は継承しつつ、「情報収集力の強化」・「企業経営システムの理解」・「ビジネス情報の活用能力強化」に軸足を置いた学科に変わりました。
 現代、あらゆる企業がITを用いてビジネスを展開しています。従来から重要な経営資源とされてきた「ヒト・モノ・カネ」に「情報」が加わり、今後も飛躍的に情報の重要性は高まっていくことでしょう。現代の社会が求めているのは、この情報を有効に活用できる人材です。経営システム学科では、企業経営を理解するために経営学を学びながら、ITの知識とスキル、すなわち情報・データを収集し活用する能力を身につけ、次世代ビジネスを率引していくエキスパートを養成します。

各カテゴリーの概要

ビジネスカテゴリー
ビジネスを理解するには、企業の動きや社会との関わり方を知る必要があります。経営・会計・経済の各分野について、ビジネスパーソンとして必要な知識を学びます。

情報カテゴリー
ビジネスを円滑に行うためには、企業内外で密接なコミュニケーションを実現する必要があります。そのため、経営データを整理・分析し、必要な情報を迅速に取り出し、スマートフォンやパソコンで情報共有を行うための知識やスキルを身につけます。

>>> 経営情報学部へ

>>> 経営ビジネス学科へ