下條 遥香さん(2年)

私は、高校3年生のときに学んだ政治・経済がきっかけでもっと日本の経済を深く知りたいと思い、経営ビジネス学科への入学を決めました。この学科では、日本の企業の仕組みや経済状況に加え、パソコンの基礎など、社会で役立つ知識が身に付きます。また、1年次から少人数制のプレゼミが用意されているので、先生との距離が近いのもいいところだと思います。先生方は皆さん親切で、どんな質問でも分かるまで丁寧に教えて下さるので、私は気軽に先生方の研究室に寄っています。おかげで経済がもっと好きになりました。友達と過ごす空き時間や休憩時間も楽しく、充実した大学生活を送ることができています。

 

 

高戸 健さん(3年)

経営・経済と聞くと難しいというイメージがあると思います。確かに簡単ではありませんが、経営情報学部は先生方との距離がとても近く、質問に行くと親身になって分かるまで教えてくださいます。また、私は大学に来てそれまで好きではなかった英語の授業に興味が出てきました。ネイティブの先生の英語に触れたことは素晴らしい経験です。短期の英語圏への海外研修の機会もあるので、将来的にできれば参加したいと考えています。今では外資系企業も視野に入れ頑張っています。勉学以外ではオープンキャンパスのスタッフとして活動し、先生方のお手伝いをしつつ、金沢学院大学の良さを皆さんに知ってもらえるように自分なりにアピールしました。

 

 

平成25年度

 

石野 詩歩さん(3年)

この学校に入学したきっかけは、マクドナルドはどうしてあんなに低価格で商品を提供できるのかという疑問を持ったことからでした。実際に入学すると基礎からの勉強になりましたが、2年生になってからは専門の科目を受講して、世の中の経済の流れや、他にもワードやエクセル、パワーポイントといった情報系の技術も習得することができたので、今ではさまざまな分野に対応できる技術が習得出来たと思います。これからは、ゼミでの活動や就職活動に力をいれて学生生活を充実したものにしてゆきたいと思います。

 

 

吉森 希望さん(3年)

将来社会に出るときの選択肢を広げられるような幅広い知識を身に付け、パソコンのスキルも習得したいと思い、経営情報学部に進みました。私のモットーは「苦手だとか面倒だからといって物事を行わないのではなく、とにかく挑戦してみる!」です。実際、中国からの留学生のお世話やオープンキャンパスの学生スタッフ、部活動など講義以外の行事や活動に取り組んで、大学生活の楽しさを知ることができました。今年度からはゼミが始まります。ゼミでは金沢の商店街の活性化をテーマに活動を行う予定です。新しい仲間と協力してどのような活動ができるか今からわくわくしています。