2年生の保護者懇談会が開催されました

 

福田先生の講話

学部長井手先生の学部・学科別説明

99()に、2年生の保護者懇談会が開催され、経営情報学部の学生の保護者40組が参加されました。

講堂では、秋山学長のご挨拶に続き、本学部の福田裕一先生が「本学年として必要な学習姿勢について」と題した講話を担当しました。その中で、まだ就職活動まで早いと思っているかもしれないが、すぐに1年がたってしまうこと、ゼミで何を学ぶかが大事になることが強調され、この1年を学生の目線を上にあげる1年にしてもらいたい、とのメッセージが送られました。

全体の講話の後は、学部ごとに分かれた学部・学科別説明となり、経営情報学部は井手秀樹学部長がご担当されました。

その後、5号館食堂の1階にて、保護者の方々と担任・担当の教員との個別懇談会が行われました。保護者の方々は、日ごろの学生の様子や、成績など、気になる内容について、担当の教員から説明を受け、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。また、多くの保護者の方々より、将来の進路や就職活動についても質問がありました。

春から各学年ごとに行われてきた一連の保護者懇談会はこれにて終了です。大変お忙しい中ご参加いただいた保護者の皆様、どうもありがとうございました。

 

第5回オープンキャンパスが開催されました

 

深堀先生の学部学科紹介

森先生の体験授業
奥井先生の体験授業
福田先生の体験授業
大野先生の体験授業
個別相談コーナー その1
個別相談コーナー その2

819日、20日の2日間にわたり、金沢学院大学、金沢学院短期大学の第5回オープンキャンパスが開催されました。夏休み最後のオープンキャンパスとあって、経営情報学部の学部学科紹介には、保護者を含めて19日は42名、20日には47名、延べ89名が参加してくださいました。

両日とも、深堀遼太郎先生による学部学科紹介の後、体験授業が開催されました。19日の体験授業は、森浩一先生の「公平な税制を考えてみよう」、奥井めぐみ先生の「経済学の考え方」、福田裕一先生の「シミュレーションに挑戦 with HTML5」、20日の体験授業は、大野尚弘先生の「身近にある経営学」、奥井めぐみ先生の「経済学の考え方」です。

また、図書館での個別相談コーナーにも、経営情報学部のコーナーに次々と高校生や保護者の方が訪れました。次回のオープンキャンパスは923日です。多くの高校生の皆さんのご参加をお待ちしております。

 

経営情報学部FSP講座「地域課題研究Ⅰ」プレゼンテーション

 

プレゼンの様子1

プレゼンの様子2
質疑応答の様子1
質疑応答の様子2
最優秀チームの発表と講評
最優秀チームと講師のお二人
全員で記念撮影

経営情報学部では、産学協同チームPBL(課題解決学習)である「Future Skills Project(FSP)講座」を「地域課題研究Ⅰ」という授業で実施しています。これは、実際の企業の経営課題に関して大学1年生が解決策を検討し、企業にプレゼンテーションしていく授業です。半期の授業の間に、B to C企業1社とB to B企業1社からそれぞれ現役社員の方を講師としてお招きし、学生への課題提示と学生のプレゼンの審査を行って頂いています。この講師の方を上司役とし、受講学生たちは社員になったつもりで真剣なプレゼンテーションを行っています。

7月10日は、B to B企業として参画して頂いた税理士法人宮田会計様への最終提案の日でした。学生たちは、講師の宮田健一郎様(代表社員 税理士)と川村陽子様に対して、この授業の集大成となるプレゼンテーションを行いました。

宮田様、川村様、お忙しい中ご協力頂きありがとうございました。また学生の皆さん、長丁場のチャレンジお疲れ様でした。

受講学生(1年生)の皆さんには、この授業をきっかけに自分に足りないもの、これから身に付けていかなければならないものに気付き、これからの大学生活を実り多いものにしてもらいたいと思います。期待しています。

 

金沢学院大学2017年度第4回オープンキャンパス開催

 

学科説明会の様子

高橋先生の体験授業
米澤先生の体験授業
福田先生の体験授業
個別相談コーナー

85日(土)、金沢学院大学、金沢学院短期大学の2017年度第4回オープンキャンパスが開催されました。当日は、天気に恵まれ、大変暑い中、経営情報学部経営情報学科の学科説明会には61名の高校生と18名の保護者の方、併せて79名もの方が参加されました。

深堀遼太郎先生の学科説明の後、前半と後半に分かれて体験授業が開催されました。前半は、高橋啓先生の「北陸の『経済力』を考える」、米澤順一先生の「会社の成績通知表」、後半は、福田裕一先生の「シミュレーションに挑戦 with HTML」が行われました。高校生と保護者の方は、それぞれの体験授業に熱心に耳を傾け、また、実際にパソコンを使っての実践を体験しました。

また、図書館の個別相談コーナーでも、高校生と、経営情報学部の教員、学生スタッフとが和気あいあいと話をする姿が見られました。特に、学生スタッフの皆さんの明るいトークが場を盛り上げていました。

次のオープンキャンパスは、819日(土)、820日(日)です。多くの高校生の方々のご参加、お待ちしております。

 

経営情報学部の「製造」「流通」「販売」を合わせたPBL

経営情報学部 阿手研究室のゼミ生を中心に、学部の2年生から4年生までの学生が参加して「製造」「流通」「販売」を合わせたPBL(Problem Based Learning)が行われました。

このPBLは、6月30日の氷室開きに合わせ、サントリー伊右衛門茶と氷室饅頭とをセットでPRする方法を考えるものです。製造会社のサントリーフーズ、流通会社のカナカン、販売会社のマルエーの3社のご協力のもと実施されました。まずは、サントリーフーズ北陸支店長をはじめ、カナカン、マルエーの管理職の方々を講師としてお招きした勉強会が開催されました。さらに、3社の若手社員も加わり、学生と若手社員とでディスカッションを重ねながら、PR方法が検討されました。この案を検証するために、6月24日(土)・25日(日)の両日、市内のマルエー3店舗で店頭試飲会が行われました。

現在、KGショップでは、PBLの一環として学生の作ったポップが眼を惹いています。

一連の活動に参加した経営情報学部2年生の草開清夏さんより、活動内容について紹介していただきました。

——————————————————————————————-

PR方法を考えるにあたり、伊右衛門のお茶の歴史やサントリーの販売戦略を学ぶ会、氷室饅頭と伊右衛門茶を実際に一緒に試食・試飲し、その感想や疑問をブレインストーミングのような形でグループごとに出し合い発表する会、出し合った感想や疑問の中から、伊右衛門を売り込むためのPOP作りに使えそうな人を惹きつけるようなワンフレーズや宣伝文句と大まかなデザインを考える会に参加しました。

そこで出たいくつかの宣伝文句と、それまでの勉強会で教えていただいた伊右衛門の歴史や特徴、魅力などを織り交ぜながら販売実習までにグループごとにPOPを作り上げました。

販売実習の2日間はマルエーの3店舗で作成したPOPを掲示したり、手に持ったりしながら試飲会を行いました。販売実習にはゼミ生と3名の2年生が参加しました。店舗により結果はまちまちでしたが、通常の20倍近くの売上が出たそうです。

阿手ゼミの先輩方に混ぜてもらいながらこのような活動ができとてもよい経験になりました。

—————————————————————————————

草開さん、記事をお寄せいただきありがとうございました。

阿手研究室の今後の活動も楽しみです。

勉強会の様子1

勉強会の様子2

そろいのはっぴで販売実習

売上に貢献しました。

学生の作ったKGショップのPOP

 

第3回オープンキャンパス開催

 

学科紹介

大野先生の体験授業
深堀先生の体験授業
福田先生の体験授業
田中先生の体験授業
根本先生の体験授業
個別相談コーナー

715日(土)、16日(日)に金沢学院大学、金沢学院短期大学の第3回オープンキャンパスが開催されました。経営情報学部のコーナーには、15日が14名、16日が20名の高校生が訪れ、経営情報学部での学びについて話を聞いたり、体験授業に参加したりして、大学生気分を味わっていました。

15日は、深堀遼太郎先生の「どんなデータがあればいい?経済学の研究とデータの関係」、大野尚弘先生の「身近にある経営学」、福田裕一先生の「シミュレーションに挑戦 with HTML5」の3つの体験授業が、16日は、田中晴人先生の「ものごとの良い決め方について-企業の意思決定―」、根本博先生の「人口と地域の経済」の2つの体験授業が開催されました。また、図書館の個別相談コーナーでは、教員や学生スタッフと高校生とが気軽に懇談する姿が見られました。

参加してくださった高校生の皆さん、ありがとうございます。学生スタッフの皆さんも、大事な3連休にご協力していただきありがとうございました。

次のオープンキャンパスは85日(土)です。高校生の皆さんの参加、楽しみにしております。

 

3年生の保護者懇談会が開催されました

 

福田先生のお話

田中先生の学部・学科説明
個別懇談会の様子

71日(土)、3年生の保護者懇談会が開催されました。あいにくの雨天ではありましたが、経営情報学部では29組の保護者の方が参加してくださいました。

10時からの全体説明では、秋山学長のご挨拶に続き、経営情報学部の福田先生より、12月にはスタートする就職活動に臨むにあたり、この6か月、しっかり学習し、力をつけてほしい旨が伝えられました。就職支援センターの梅田課長からも、就職活動の現状と保護者の方々にお願いしたい支援についてのお話がありました。学部・学科別説明会では、大学院研究科長(前学部長)の田中先生より、就職活動に向けて危機感を持ち、しっかりと取り組んでほしい旨のお話しがありました。

11時からの個別懇談会では、限られた時間の中、保護者の方々と担当教員とで、日ごろの学生の様子や、就職活動、成績等について、情報交換を行っていました。参加してくださった保護者の皆さま、足元の大変悪い中のご参加、どうもありがとうございました。