桑野研究室・福田研究室合同卒業論文発表会開催

2月6日(木)の10:00から16:00にかけて、情報系の桑野研究室・福田研究室合同卒業論文発表会が231パソコン室にて開催されました。いずれも専門的な報告で、質疑応答でも学生や教員から積極的な質問が出され、熱気あふれる報告会となりました。

以下、報告順にテーマと報告者について紹介いたします。

パーセプトロンの実装とニューラルネットワーク                  山本 達之

角度学習による画像認識                                                        山下 仁志

画像認識における座標系の選択                                              古川原 泰成

画像認識における解像度の影響について                                松任 大成

ディープラーニングによる犬種分類システムの構築              加志畑 孝仁

スクレイピングを用いた金沢カフェ一覧ページの作成           西田 梨瑚

分散表現を用いた未知語を含む文書の翻訳                            田中 麻莉乃

UnityとC#による自作カードゲームの必勝法 の一考察        小西 永連

機械学習での天気予測と可視化                                              森田 順也

自然言語処理を用いたスパムメールの特徴の抽出                 迎 亜美

来年度からは経済情報学部もスタートし、より専門的に情報の分野について学習する機会が増える予定です。新学部でも、学生の活気ある学びを期待できそうですね。

発表会の様子1

発表会の様子2

 

学内業界研究セミナー開催

あけましておめでとうございます。

1月11日(土)の午前中、本学5号館食堂にて、学内業界研究セミナーが開催されました。当日は20社の企業ブースが設けられ、他学部の学生と共に、経営情報学部の3年生も熱心に話を聞く姿が見られました。

今回は、すでに内定をもらっている本学4年生が企業ブースに参加する姿も見られました。経営情報学部4年の古川原泰成さんも、内定先の株式会社DTS(東証一部上場)のブースで企業の方と一緒に学生の対応をしていました。また、卒業生が企業担当者として参加していたブースもあったようです。県内外の東証一部企業も含め、たくさんの企業が参加してくださり、立ち見の学生でごった返すブースもあって、大賑わいのセミナーとなりました。参加してくださった企業の皆様、どうもありがとうございました。

就職活動はすでに本番です。3年生の皆さん、ぜひ、納得のいく就職活動をしてください。就職支援部のスタッフ、学部教員全員で学部の皆さんの就活をサポートしていきます。

大賑わいのセミナー会場

内定先の株式会社DTSのブースで対応する古川原さん(左)

 

日本証券業協会の講師による講義開催

12月19日(木)3時間目の経営情報学特講Ⅱで、日本証券業協会 北陸地区協会上席課長の毛利有氏による講義「株式会社制度と証券市場のしくみ」が開催され、学部の3,4年生46名が聴講しました。当日は、同協会事務局長の木下正己氏も同席してくださいました。

日本証券業協会のお二人は、これまでもグループワークの提示やプレゼンテーション大会での審査、講評とたびたびいらしてくださっており、学生も親しみを持って講義に聞き入っていました。この日の講義では、ビデオも見ながら、株式会社制度の歴史や証券市場のしくみについて学びました。今話題の渋沢栄一氏の話や、近年の株価の変動や株主優待の話もあり、学生も株式について一層興味を深めたように思います。

講義後には学生から積極的な質問が出され、それに対して、毛利様、木下様から丁寧な回答をいただきました。

毛利様、木下様、3回にわたり、経営情報学特講Ⅱをご担当いただき、どうもありがとうございました。

講義の様子1

講義の様子2

 

アカコン2019に出場

学部4年生の西川悠人さん、山口大輔さん、高橋輝さん、安川大輝さん、坂本颯世さん5人のチームが、12月16日(日)に日本大学商学部で開催されたアカウンティングコンペティション2019(通称:アカコン)に出場しました。アカコンは日本大学が主催する、会計学のゼミナール研究発表会です。

本学チームは「実証研究分野」のセッションに出場しました。このセッションでは全部で8チームの報告がありました。本学チームのテーマは、「MD&Aの可読性に対する企業業績の影響 ~建設業データを用いた実証分析~」です。MD&Aというのは経営者が文章で示した企業の業績や将来予測等で、財務諸表に掲載されているものです。MD&Aは近年、日本でも重視されており、本学チームは何がMD&Aの読みやすさと関係しているかを分析しました。

本学としてもアカコンは初の参加であり、本学チームは他大学のチームの完成度の高さに圧倒されてしまったところもありますが、何とか報告をすませることができました。他チームの報告や専門の先生方からの質問等、学ぶところの多い研究会でした。

チームメンバーは当日かがやきの始発で東京に到着し、発表順も8番目と最後であったので、緊張が続く1日となりましたが、他大学チームの報告にも熱心に耳を傾けていました。この経験を活かし、来年度も本学の会計系ゼミから報告チームが出場することを期待したいと思います。

プレゼンの様子

 

株主総会をイメージした業績説明プレゼンテーション大会開催

12月12日(木)3時間目の経営情報学特講Ⅱで、株主総会をイメージした業績説明のプレゼンテーションを行いました。架空のテーマパークを運営する会社の取締役に扮し、株主に業績説明をするというものです。当日は、お忙しい中、日本証券業協会 北陸地区協会事務局長の木下正己氏、上席課長の毛利有氏にもお越しいただきました。

報告は11チームが行い、授業時間内で終了するのがぎりぎりの展開だったのですが、それぞれのチーム、責任を持って報告と質疑応答をこなしていたように思います。皆様お疲れ様でした。各チームのプレゼンの様子をご覧ください。

ライスバー

チキン

ハラミ

TEAM: Investment Man

コカボム

鬼殺隊

欠席者ガチャ

まみーぽこぱんつ

チームDaisuke

ハムちゃんず

YK

 

第9回オープンキャンパス開催

12月8日(日)に今年度最後となる金沢学院大学オープンキャンパスが開催されました。この日は一般入試対策のオープンキャンパスであり、英語、国語、数学、理科、歴史といった各科目の入試対策講座に多くの高校3年生が訪れました。新学部の経済学部、経済情報学部の体験授業や相談コーナーにも、高校生や保護者が訪れ、学部の特長や学びについて耳を傾ける姿が見られました。

高校生および保護者の皆様、今年度のオープンキャンパスへのご参加、どうもありがとうございました。来年度も3月からオープンキャンパスがスタートする予定です。ぜひ、本学まで足を運び、教員や学生スタッフの話を聞いていただければ幸いです。

体験授業の様子(大野尚弘先生)

体験授業の様子(藤本祥二先生)

図書館相談コーナー

 

日本証券業協会講師からの課題提示に基づきグループワーク開始

11月21日(木)3時間目の経営情報学特講Ⅱで、日本証券業協会 北陸地区協会上席課長の毛利有氏によるグループワークの課題についての説明が行われました。また、北陸地区協会事務局長の木下正己氏も同席してくださいました。受講した学部の3,4年生は、説明を聞いた上で、11のグループに分かれて、グループワークを開始しました。

グループワークでは、学生が架空のレジャーランドの取締役となり、株主総会で株主に対して事業計画を報告することを目指します。12月12日に、グループごとにプレゼンテーションを行う予定です。各チーム活気のあるディスカッションが行われていました。プレゼンテーション当日が楽しみです。

日本証券業協会講師による説明

グループワークの様子