FSP講座の第一次提案が行われました

5月14日(月)4限、経営情報学部のFSP講座(地域課題研究Ⅰ)において、アルビス株式会社様へ向けた一次提案が行われました。この講義は、一年生を対象としたものであり、本学のユニークな取り組みの一つです。

学生たちは、アルビス様から与えられた課題について、グループで資料を収集し、課題解決に取り組みます。グループごとに作成した提案を、アルビス様の社員の方にも参加していただき、プレゼンテーションします。

今回の一次提案では、留分康行様(アルビス(株)人事部)から発表の良い点、改善の必要な点についてのコメントを各グループにいただきました。これを踏まえて、学生たちは、5月22日の最終発表に向けて再度準備を進めていきます。

一年生の時から、グループで議論し、与えられた一つの課題の解決策を検討することで、「今の自分に足りないもの」がはっきりします。これは今後の学修に役立つ良い経験となります。

お忙しい中、貴重な時間を取って、本学まで足を運んでいただいた留分様、ありがとうございました。

プレゼンテーションの様子

 

KGフロントランナー修了式

金沢学院大学では、KGフロントランナープログラムという独自の取り組みを行っています。これは、将来の目的意識が明確な学生を対象として、1年生から授業外に少人数での専門教育を行うというものです。現在、4学部で14プロジェクト(うち経営情報学部は6プロジェクト)が実施されています。

5月16日(水)、KGフロントランナープログラムの2017年度後期修了式が講堂で開催され、大学4学部の受講学生が集まりました。

秋山稔学長から、各学部の代表者に修了証が手渡され、これまでの学生たちの努力が称えられ、今後の活躍についてエールが送られました。経営情報学部の修了者は計22名でした。

続いて成果報告会が行われ、4学部の代表学生が2017年度後期に行ったプロジェクトの成果を報告しました。経営情報学部は、「地方創生と地域金融機関の役割を考える」プロジェクト(担当:髙橋啓教授)の受講学生である2年生女子2名(受講時1年生)が代表してプレゼンテーションを行いました。

学生たちは地域金融機関の現状をよく理解し、今後の在り方についても自分の意見を堂々と発表しており、つい1年前に入学したとは思えない立派な報告内容でした。今後さらに考察を進め、見識を広く・深くしていくことを期待しています。

尚、経営情報学部の6プロジェクトは、「地方創生と地域金融機関の役割を考える」の他に、「金沢の伝統文化産業としての加賀友禅をプロデュースする」「公務員を目指せ!FRの会」「応用経済学チャレンジセミナー」「Becoming an Excellent Programmer!!」「情報処理技術者試験制覇」です。今後経営情報学部に入学される皆さんにも、ぜひ、チャレンジしていただきたく思います。

経営情報学部生の報告の様子

 

第3回オープンキャンパス開催

5月19日(土)に2018年度の金沢学院大学、金沢学院短期大学第3回オープンキャンパスが開催されました。大学は全体説明会と図書館相談コーナーのみのイベントでしたが、経営情報学部の相談コーナーには悪天候の中、4名の高校生が参加してくれました。先輩の学生スタッフも、高校生からの質問に答えたり、会場を案内したりと、大活躍でした。

特に、今回から新1年生の学生スタッフも加わってくれたのですが、落ち着いたトークで高校生に対応してくれ、とても頑張ってくれました。

次回6月17日(日)のオープンキャンパスからは学部の体験授業も行われます。高校生の皆さんのご参加、お待ちしております。

図書館相談コーナーの様子

 

短大の学生さんが用意したパウンドケーキに舌鼓

 

MEX金沢2018、emesse kanazawa2018を見学しました

5月18日(金)の午後、田中ゼミ、桑野ゼミ、福田ゼミ、深堀ゼミ、奥井ゼミの4ゼミ合同で、産業展示館で開催されている第56回機械工業見本市(MEX金沢2018)、第33回いしかわ情報システムフェア(emesse kanazawa2018)を見学しました。学部の3,4年生の約60名が参加しました。

これは、毎年この時期に行われる北陸最大規模の製造業や情報関連企業展示会で、会場には200を超える出展者のブースが集まっていました。工業高校や工業系の大学の出展もありました。

北陸の様々な企業が一堂に会する様子は圧巻です。各社、自社製品をPRするための様々な実演や仕掛けをしているのが印象的でした。学生も改めて北陸の企業の実力を目の当たりにしたと思います。今日見学した企業が、学生の皆さんの将来の就職先候補になるかもしれませんね。

内部の写真は撮れないので、パンフレットです

第2回オープンキャンパス開催

4月22日(日)に金沢学院大学の2018年度第2回オープンキャンパスが開催されました。

今回は、初めての4月開催のオープンキャンパスとなりました。経営情報学部経営情報学科の相談コーナーでは、初の試みとして、図書館のラーニングコモンズエリアでディスプレーを用いた簡単な学科紹介を行い、高校生7名、保護者の方3名が足を運んでくださいました。また3名の学生スタッフも大活躍で、高校生に自分の専攻や課外活動、フロントランナーの勉強内容など、充実した学生生活について話してくれました。

学部の学生スタッフの他にも、経営情報学部では学友会の学生スタッフとして多くの学生が協力してくれました。

次のオープンキャンパスは5月19日(土)です。高校生の皆さんのご参加、お待ちしております。

図書館相談コーナーの様子

 

フレッシュマン・セミナーが開催されました

新1年生の皆様、ご入学おめでとうございます。

経営情報学部では、4月5日から6日までと、6日から7日までの2回に分けて、新1年生が白山研修センターにてオリエンテーションを行う、フレッシュマン・セミナーが開催されました。

これからこの仲間と共に、楽しい大学生生活を送ってください。オリエンテーションの様子をご覧ください。

グループディスカッションの様子1

グループディスカッションの様子2

グループディスカッションの様子3

グループディスカッションの様子4

グループ発表の様子

ポートフォリオの記入作業

 

春の交通安全運動

4月10日(火)、春の交通安全運動がはじまりました。校内で、自動車を運転して通学する学生、通勤する教職員に交通安全のチラシとポケットティッシュの配布を行いました。

交通ルールを守り、交通安全に努めましょう。

ティッシュペーパーを手渡し

さわやかな笑顔の学生の皆さん