能美市立和気小学校にて国造ゆずアンケート調査の報告を行いました

12月7日(金)16:00より、能美市立和気小学校にて、経営情報学科奥井ゼミの12名がアンケート調査結果の報告を行いまいした。このアンケート調査は、コンソーシアム石川に採択された地域課題研究ゼミナール支援事業「国造ゆずPR活動」の一環として、和気小学校の保護者の方々に対して行われた国造ゆずに関する調査です。アンケート調査の実施にあたっては、和気小学校の先生方、並びに保護者の方々より、多大なご協力をいただきました。

当日の報告会には、学期末で大変お忙しいにもかかわらず、小学校の辻校長先生、笹谷教頭先生はじめ多くの先生方が参加してくださいました。また、報告後の質疑応答でも、貴重なご意見を数多くいただきました。

辻校長先生からは、このような短い期間で、国造ゆずについてのアンケート調査結果の数値を示してくれたことに感謝しているという温かいお言葉をいただきました。また、総合学習で国造ゆずを初めて扱った、昨年の5年生の担任の先生からも、児童が「国造ゆずを地元の誇りに思う」と言ってくれたが、それをアンケート調査から実際に数字で見ることができ大変嬉しい、という発言もいただき、学生にとっても和気小学校の先生方のお役に立てたことで大変励みになりました。

和気小学校の先生方、本当にありがとうございました。この調査結果を今後のPR活動に活かしていきたいと思います。

プレゼンテーションの様子

 

辻校長先生からのお言葉

 

Comments are closed.