平成30年度大学・地域連携アクティブフォーラム参加(奥井ゼミ)

2/23(土)、金沢東急ホテルにおいて大学コンソーシアム石川主催の平成30年度大学・地域連携アクティブフォーラムが開催されました。経営情報学部からは、文学部教育学科1年有志5名と共同で「国造ゆず」のPR活動を行った奥井ゼミのメンバーから代表学生2名が成果発表を行いました。

大学コンソーシアム石川が主催する地域課題研究ゼミナール支援事業は、今年度から「地域共創支援枠」と「付加価値強化枠」の2枠があり、「国造ゆず」は「付加価値強化枠」で参加した他3団体とともに成果報告を行いました。

発表では、奥井ゼミから宝田恭平さんが活動の目的や成果など全体的な内容を報告し、渡邊萌未さんはアンケート結果のまとめを説明しました。また、教育学科からは杉本希未さんがゆず祭りや国造保育園訪問の際に行った活動報告をしました。杉本さんは1年生とは思えない堂々とした発表でした。その後の審査員よる質問には、宝田さんが的確に回答し、さすが3年生というところを見せてくれました。

当日審査員のお一人だった高橋学部長からは、「各大学とも良く練習してきたプレゼンだったが、本学の3チームとも他大学に負けない立派なプレゼンだった。本当に『僅差』の争いで、優秀賞を逃したのが本当に残念でした」というコメントを頂戴しました。

報告会には全部で14団体が参加し、各団体趣向を凝らした発表に来場者も熱心に耳を傾けていました。また、昼食時にはポスター発表が行われ、参加者は交代で見学者からの質問に答えていました。参加した学生にとっては緊張の一日だったと思いますが、他大学の学生の一生懸命な姿に刺激を受け、今後の学生生活の励みになったことと思います。

発表の様子

ポスター発表

当日の参加学生

 

Comments are closed.