#2 素敵な出会い

#2 素敵な出会い

福島 千尋

先日、素敵な出会いがあったので紹介したいと思います。

一人でダウンタウンを歩いていたときのこと、突然雨が降ってきて、でも目的地のバス停まではもう100mをきっていたので鞄に忍ばせた折り畳み傘を出さずに濡れながら歩いていました。横断歩道につかまり空を仰ぐと、しとしとと降り注ぐ雨。「はぁ」と自分の日ごろの行いを反省しようとしていたところ、ある一人の男性が私に話しかけてきました。カナダの人はお話しが好き、何度こうやって話し掛けられたことか。 一緒に歩きながら、いつもどおりの質問「どこから来たの?」「どこの大学に行っているの?」「何歳?」……最初はこんな質問にも戸惑って答えていたなぁとちょっとした自分の成長に気付き、焦点をその男性から進行方向の空に移動させた時、目の前に今まで見たうち最大級であろう虹の放物線が! 私の成長を祝福してくれているのかな?と嬉しくなり、その男性に「みて! 虹が見えるよ!!」と、普段知らない人には見せない私の思いっきりの笑顔で知らせると、「とっても綺麗だね。そうだあの虹、君に挙げるよ」と何の迷いも無く言う男性。普段だったら、笑い飛ばすようなジョークですがその時は、やっぱり私の虹だったのだと自然と思えて「本当に!? ありがとう」と言ってしまいました。 その男性が自分の台詞に酔っていたように、私も男性の台詞に少なからず酔っていたのだなと、思い出すと恥ずかしくなる出会いです。

日本も寒いそうですね。ビクトリアは普段あまり降らない雪が降り、積雪30cmで交通網がマヒしています。くれぐれも風邪など召しませんよう、気をつけてください。

福島さんのブログ“無邪気な関係 part3 Victoria編”は、こちら

#1 London Life

#1 London Life

沖野 大輔

ロンドンというと何を思い浮かべますか?僕はまずビッグベンやロンドンアイといった建物を思い浮かべます。ロンドンは日本で言えば東京です。今まで大都市で暮らしたことがない僕にとってはかなり新鮮な経験をしています。日本とは違い、ロンドンにはたくさんの公園があります。それも総じて規模がかなり大きく、外周を歩き続けても30分は超えるというものまであります。自然を大切にし、寛げる時間を持とうとするイギリス人の考えから来ている気がします。

僕は日本で一人暮らしをしたことはなく、こちらではホームステイで paying guest という形で滞在しています。paying guest と書きましたが、家族のように接してくれます。それはホームステイ先が一人暮らしのおばあちゃんであるということもあると思います。とても親切で、坂本九の「上を向いて歩こう」がお気に入りの歌です。今週の土曜から新しい生徒がこの家に来るのですが、30歳の男性でシリア出身だそうです。2ヶ月間滞在するそうなのでいろいろと会話できるといいと思います。

学校は Euro Centre という語学の専門学校に通っています。スイスの教育財団で、日本では公共の法人として認識されているようです。日本語の学校は唯一金沢にあり、僕も所属している金沢学院大学の異文化交流サークルが交流しています。教育のプログラムは実用性と試験への対策に対して注意が払われています。今は3週目ですが、問題なく授業に参加しています。

これからの生活が楽しみです。

沖野君のブログ“London Life”は、こちら

#6 芸術の秋

#6 芸術の秋

前田 哲宏

エクセターは芸術の秋と呼ぶに相応しい状態です。休日のシティセンタはパフォーマーが各々の得意な楽器を使い、人々とエクセターの寒空を暖めてくれています。そのパフォーマーの中でも、特に僕が気に入ったのはスコットランドの伝統音楽を演奏していた楽器隊の人たちで、素晴らしい演奏だったので、感謝の気持ちを込めてコインを置いてきました。どこの国の音楽にしろ、伝統音楽は聴いてて気持ちがいいですね。

授業のほうもあっという間に半分過ぎてしまいました。今はプロジェクト、エッセーそしてプレゼンテーションの準備に大忙しの毎日を送っています。何人かのクラスメイトは風邪を引いてしまったのですが、僕は風邪を引いている暇なんてないと思っていたら風邪を引いてしまいまして、しばらく何もできずじまいでした。加えて病み上がりの状態で風邪気味のクラスメイトの横に座ったら、その子の風邪をうつされてさらにもう一日なにもできなくなるという始末。

金沢もそろそろ冬支度が必要になっているかとは思いますが、くれぐれも風邪を引かないようにお気をつけて。

前田君のブログ“ぶりたにあ生活日記”は、こちら

#6 New Term

#6 New Term

北 洵子

私のフラットは、日本人2人(前田先輩&私)、アメリカ人1人(でも親は韓国人らしい)、フランス人2人(男女一人ずつ)、香港人1人(いつもエアロビクスみたいな洋服着てる)、そして台湾人6人という構成。

アジア人の調理時間は大体18時前後開始なので、さすがのキッチンも、その頃は戦争状態です。5人も入ればもう満員状態のキッチン。あそこの棚にしょうゆがあるのに、人がいっぱい居すぎて取れない…。と思ったら、微妙に人だかりが動いた瞬間を逃さずに、さっと獲得…という、まさに機敏性が求められるんです。笑

台湾人6人のうち、3人は共同で調理(食費は割り勘)しているようなのですが、こういうグループで行動している人たちは、なかなか話しかけにくくて、数回しか話したことがありません。でも先日、その中の一人が、『スイマセーン』 と日本語で話しかけてきて、『良かったら僕たちの料理食べてみて』 って言ってくれたんです。今までは、朝の挨拶をするくらいの関係だったので、このオファーは予想外でとても嬉しかったです。台湾風の煮物、タラを炊いたもの、それにジュースまで頂いてしまって…。おしゃべりもたくさんしました。3人は同じ学部で、『スイマセーン』 と言ってくれた彼は日本語を半年間勉強していたことがあって…。と、なんだかこの夜、一気に仲良くなった気がします。

そのほかにも、フランスのお姉ちゃんと一緒にクレープ作ったり、アメリカのお姉ちゃんたちとメキシコ料理パーティーしたり、新しい寮でも楽しく過ごしています。機会があれば日本料理を作って、フラットのみんなと一緒に食べたいです。

写真は、クラスのみんなとパーティーをした時のものです。今学期、何もかもが 『新しい』 なかで、フラットメイトだけでなく、クラスメイトにも恵まれて本当に良かったです。

北さんのブログ“Great Kingdom Mews”は、こちら

#1 カナダでの生活

#1 カナダでの生活

石川 泉

カナダに来て約1ヵ月半、月日の経つ早さに驚きつつ、今までにないほど中身のぎっしり詰まった日々を過しています。 こちらでも月日は確実に流れ、初めに来たときの暖かい日差しは陰を潜め、最近は毎日雨ばかり。どんどん寒くなってくるにつれて、最近日本のこたつが無性に恋しいです(笑) 最近は学校以外にも色んなところに行き、本当に楽しい日々を過しています。先日、うちの近所で行われたフィギュアスケートの大会を友達と見に行き、村主さんや高橋さん、そしてゲストで来ていた荒川静香さんと写真を撮る事ができました! 本当に毎日が楽しいです。

初めのころは遅れてクラスに入った私には余裕など無く、常に身体に力が入っていて、とにかくクラスに着いていくことに必死でした。毎日リーディング、グラマー、イディオム、小説と、宿題が終わるともう夜中というような日々と、毎週金曜日にあるテストに追われて本当に大変でした。 でも、しばらくするとクラスの中にも友達ができ、力を抜く方法を覚え、最近では“授業だから”という義務感ではなく、楽しんで授業を受ける事が出来るようになってきました。私のクラスの先生は本当に色んな分野に詳しい人で、最新テクノロジーから世界最古のミイラの話まで、毎回興味深い新聞記事などで授業を進めてくれたり、ちょっとした小話の中にも面白いネタがあるので、彼女のクラスで本当に良かったと思います。 そして私のクラスの凄い所、それは授業中の生徒の発言の多さ! 授業中、常に誰かが手をあげているような状態。日本なら、先生の答えを聞いてしまえば終わりの所を私のクラスメイト達は、なぜ自分の答えが違うのか納得できるまで食い下がります。 初めの頃は、これがどうしても失礼で大人気ない行動に見えてしまいました。でもここは日本ではないし、ましてやクラスメイト達は全世界から集まってきた文化も年齢も全く違う人たち。この中では自己主張が出来ないと何も得られないんだと身を持って思い知らされたような気がします。 でも、だからこそ面白くて、留学をしてよかったなぁと本当に思います。 学校は既に残り1ヶ月をきってしまいました。今は通常のクラスと平行して週3回夜間学校にも行っています。 学校が終わればクリスマスに新年とバタバタしそうですが、これからも毎日楽しい時間を精一杯過していこうと思っています。

更新は遅いですが、ブログの方もぜひ見てください!

石川さんのブログ“Wonderful life in Victoria カナダ生活奮闘記”は、こちら