クレージー

クレージー

リック・ブローダウェイ (訳: 水井 雅子)

世の中は、「クレージー」という言葉に「いかれて」いますよ。

この、一言のタイトルがついた、しかも有名な歌が 10 はあります。エアロスミスとかウィリー・ネルソンとかブリットニー・スピアーズとかの歌にもありますよね。それに更に1ダース以上も、歌のタイトルに登場しています。それだけではありません。映画データベイスのインターネットでキーワード検索をかけてみると、 394 もの映画がこの言葉「クレージー」をそのタイトルに使っています。 1980 年には、「神様はクレージーに違いない」などという南アフリカの映画もあります。それに、 250 万ものウェブサイトに出てきますし、 150 万もの URL にも顔を出しているんです。

「クレージー」は、人々や物や土地などを表す普通の名前などより、もっと頻繁に、好んで使われている形容詞だということですね。例えば昔、ラコタ・インディアンには「クレージー・ホース」という名の酋長がいました。もし皆さんがお望みなら「クレージー・グリュ(接着剤)」と買うこともできるし、「クレージー・キルト(つぎはぎ細工、パッチワーク)」を作っても良いですよね。「クレージー・エイト」というトランプ遊び(鬼が 8 の規則)もあるし、クレージー・コーン(形の不揃いなとうもろこし)」を食べても良いわけだし、「クレージー・クリーク(うねうねと曲がりくねった小川)」をカヌーで下ってくるスポーツだってあります。「クレージーなこと」には切りがないように思われますが、それが正式には「気が狂った、頭がおかしい」を意味する言葉であるという事実を思うと、これは驚くべきことではありませんか。

『アメリカ遺産辞典』には「クレージー」について、正式ではない意味が 4 つ出ています。

熱中している、夢中である。 半端でなく好きな、のぼせ上がっている 没頭している、 実際的ではない、普通ではない

上に挙げた意味の一番目(熱中している、夢中な)は、こんな風に使われます。

The crowd at the game went crazy. 群集は試合に 我を忘れた。 I go crazy in an amusement park. 遊園地では、 夢中に [...]

会話に金言を混ぜてみよう

会話に金言を混ぜてみよう

リック・ブローダウェイ (訳: 水井 雅子)

会話を面白くするには、金言を挟み込んでみるのも一つの方法ですね。まるで切手や貝殻を集めるように金言を集めるのが好きな人もいて、そういう人たちは長 年かけて、じっくりと自分のコレクションを増やしていきます。当然ながら格言・金言は覚えなければならないけれど、一旦自分のものにしてしまえば、それを 使うのにぴったりの時を待ち構えていて、機が熟したときにその智慧の真珠を取り出して皆に見せる、というのも楽しいじゃないですか。

私の生まれ故郷のアメリカでは、膨大な金言辞典のうちの一冊が、ベンジャミン・フランクリンが書いた(1732年から1757年まで毎年印刷されていた) 『貧しきリチャードの暦』と呼ばれた本です。フランクリンの要を得た警句の多くが、殆どのアメリカ人にとって普通に使う言葉となっています。ここのその有 名な金言のいくつかを紹介しましょう。

God helps them that help themselves 神は自ら助ける者を助く。 Necessity never made a good bargain 急いで良い取引ができたことはない。 Experience keeps a dear school, yet fools will learn in no other. 経験は得がたい教えとなるが、馬鹿は何も学ばない。 Little strokes fell great oaks. 小さな打撃は偉大な樫の木をも倒す。(点滴石を穿つ) Never leave that till to-morrow which you [...]

Sprinkle your Conversations with Proverbs

Sprinkle your Conversations with Proverbs

Rick Broadaway

One way to make your conversations more interesting is to use a proverb now and then. Some people love to collect proverbs like they would stamps or seashells, slowly building their collection over many years. Naturally, a proverb must be memorized, but after it is [...]

How

How

ゴードン ベイトソン (訳: 中島 彰史)

"how" という単語は日本語に訳すのに難しい場合があります。用いられている文脈次第でその意味が異なる場合があるからです。

"how" の基本的意味は何かをする際の方法あるいはやり方です。この意味は " どう" あるいは" どうやって" という日本語に訳されることがおそらく多いでしょう。

A: How do you get to the station from here? B: The number 18 bus goes straight there. A: OK, thanks.

A: ここから駅まではどう行けばいいですか? B: 18番のバスに乗れば直接行きます。 A: 分かりました。ありがとうございました。

"how" は気分やルックスのことを話している時にも" どう" と訳されます。

[...]

「時間節約のため、主語を省く」

「時間節約のため、主語を省く」

リック・ブローダウェイ (訳: 水井 雅子)

英語を学ぶ学生は、英語は日本語と違って主語をつけなければならない、ということが分かっています。例えば英語では「新聞を読む」(”Reads the newspaper.”)ではダメなんです。「彼女は新聞を読む」(“She reads the newspaper.”) と言わなくてはいけませんね。言語学者たちはこれを主部・述部連結と言っていますが、英語では主部(She)は述部(reads the newspaper)と密接に結びついています。一方、日本語は話題評言型の言語とでもいうべき言葉で、文の中で主語と述語の関係は、あまり強くありません。日本語では、会議に出席している人たち全員が、何の話題であるのか知っている場合(ここでは、ある特定の女性(She)、ということになるわけですが)、個人的な発言の際には主語を省いてしまいます。これは、普通は英語ではありえません。でも、それが可能なときもあるんですよ。実際、親密な人々の間ではよく聞かれる言い方です。

主語を省いてしまう例で、一番良く知られているのは、あなたが誰かを見て、その人に何かをしてほしいと言うとき、例えば「黒板に名前を書いてください」(“Write your name on the blackboard.”)と言うような場合です。命令形から主語を外すのは、正しい英語文法と認められています。そして話している相手がだれか、はっきりしないようなときにだけ、主語が使われることになります。例えばこんな状況を想像してみてください。あなたが何人かの友達と、人生ゲームやすごろくなどのボード・ゲームをしているとしましょう。テーブルの向かい側に座っている友達に、「君からだよ」(”You go first.”)という場合がそうですね。

大抵、主語を外すのは、手短な方がかえって良くなる場合です。例えば、経費のかかる電話をかける(イスタンブールへ電話をかける、ようなね)ときとか、有料の広告を出す場合(「中古のギター売りたし」とか)です。こういった、それ専門の短縮語が出来るのは、経済性に依っているわけです。でも、似たような「時間節約型」の言葉は、日々の会話でもおきることで、特に、忙しい現代の生活の中ではよくあることです。いくつか例を御紹介しましょう。

宝石店に来た、時間のない客

店員:「いらっしゃいませ。なにかお探しですか?」(May I help you?) 客:「いやいや、見てるだけ。」(No, thanks. Just looking.)

ドアが閉まる前に混んだエレベーターから出ようとしている男性

男性:「出ます!」(Getting out!)

ファースト・フードの店で注文しようとしている女性

店員:「(注文したのは)フライド・ポテトですか?」(Did you order French fries?) 女性:「ううん、オニオン・リングよ。」(No, [...]