小林 紗衣子さん 平成14年3月卒業

小林 紗衣子さん 平成14年3月卒業

紹介者 新村 知子

卒業した小林 紗衣子さんを紹介します。入学したときから教員を目指し、さまざまなことに真っ直ぐ取り組んできた小林さんです。少子化の波を受けて、教員になることは、以前以上に難しくなってきていますが、小林さんは、3年の講師生活を経て、さらに自分の力を伸ばすために、この4月に上越教育大学大学院に進学しました。その彼女に、本学卒業から今までの経緯、そしてこれからの抱負を書いていただきました。

小林 紗衣子

みなさん、こんにちは。私は、この4月から新潟県上越市にある、上越教育大学大学院(教科・領域教育専攻)(言語コース 英語)で学生生活を“再スタート”させました。まだ、始まったばかりで不安がありますが、期待や希望の方が大きいです。

さて、大学を卒業してからは3年間、私は新潟県内の高校で英語科の講師をしていました。教員採用試験を大学卒業時から数えて、何回か受けたのですが、なかなか本採用には至らなかったからです。この4月からは、大学院での生活をスタートさせたのですが、その理由などを今回はお伝えしようと思います。

まずは少し、金沢学院大学に入る前、そして入ってから、さらに卒業後の話を書きます。高校生の頃、進路を決めるときから、漠然と「英語を使う仕事」をしたいと思っていて、そして「学校の先生」という仕事に憧れを抱いていました。私が進路として、金沢学院大を選んだのは「教育研究所」があったことです。そこで勉強された先輩方は、見事、採用試験を突破されて教員になられていました。

私も、先輩のようになりたいと思い、大学に入学してからは「教育研究所」に入り4年間、仲間と一緒に勉強しました。川畑先生、小原先生、田辺先生、木場先生には大変お世話になりました。けれども、先ほども書きましたが、大学卒業時には本採用にはならなかったわけで、臨時採用で講師として働くことになったのです。さらに、小学校の教員免許を取得しようと、通信制の大学に入りました。しかし、仕事をしながら勉強することの大変さ、通信制である故の孤独さを強く感じ、実は免許は取れずじまいで、この3月に通信制の大学は辞めたのです。(本当のところは「小学校の免許を取りたい!」という強い意志がなかっただけなのですが・・・。)

話題を変えて、高校での講師をしていた頃の話をしようと思います。今、3年間の講師の生活を振り返ると、生徒たちに教えたことよりも、生徒たちや周りの先生方から学んだことが多かった、と思います。講師を始めた頃は、新人の私の言うことを、文句も言わずおとなしく聞いてくれたこともありました。(本当に申し訳ないです。)

また、生徒たちの元気な姿を見るだけで、頑張らなきゃという気にもなりました。周りの先生方からは、本当に様々な話を聞かせていただいたり、仕事の仕方など学びました。とにかく、学校の現場でしか手に入れることのできない貴重なことを、3年間でたくさん吸収できたと思います。

ここまで長々と書いてしまいましたが、私がこの度、大学を卒業してから3年間働いて大学院へ進学した理由は、まずは現場(高校)で教えてみて、働いてみて、自分の足りない部分を確認したかったからです。そして時期的(年齢的)にも今しかない、と思ったからです。足りない部分を補うために、タイミングは今だったのです。

でも、夢を実現するために様々な形で、いろんな人の協力があるということを忘れてはならないと思います。家族や友人をはじめ、私の周りのすべての人が助けてくれるからこそ、夢を現実のものにするために進んでいけるのだと感じます。新村先生には、4年次から大学卒業時、卒業後、現在まで、様々な助言をいただきました。ありがとうございました。

終わりになりましたが、大学院では「言語習得」を研究しようと考えています。高校生に英語を教えていて、「わからねぇー」ということを何度も言われましたし、「単語が覚えられない」とか言われたこともあります。生徒がきちんと「わかる」ようになる「覚えられる」ようになるには、どうしたらよいか考えようと思います。もう1年少しすると、また教員採用試験もありますので、試験の合格を目標に大学院生活を送ろうとも考えています。

”Where there’s a will, there’s a way.”(私の好きなことわざです。)

つたない私の、報告を読んで頂きありがとうございました。

学生紹介・卒業生報告 2005-04

畑 祥江さん 平成14年3月卒業

紹介者 水井 雅子

平成14年度に卒業した畑祥江(ハタ ショウコ)さんを紹介します。文学部の国際文化学科を出て、結婚式場のプランナーとして活躍しています。優しく、柔らかい物言いの素敵なお嬢さんでしたから、就職が結婚式場に決まったと聞いたとき、この仕事はきっと向いているだろうと思っていましたが、その通りでした。記事からも楽しく仕事をしながらも、喜ばれている様子が伝わってきます。卒業後も生き生きと働いている卒業生たちの話を聞くと、本当に嬉しいですね。

畑 祥江

はじめまして、畑 祥江(ハタ ショウコ)です。私は、学院大を卒業をしてからMORE(モア)という貸衣装店に勤めています。フラワー ガーデンという結婚式場も経営している会社です。私の主な仕事は婚礼衣装のコーディネイトです。女性にとっては、憧れだった衣装を決める訳ですから、それぞれ、要望は様々です。担当制になっておりますので、一日に約3〜4時間かけて、コミュニケーションを取りながら納得がいくまでドレスを試着してもらいます。

来店の平均は3、4回です。一度目は、好きなデザインや色の衣装を着てもらい、二回目、三回目で、ほぼドレスを決めて頂きます。その次は、アクセサリーなどの小物合わせや、新郎の衣装合わせです。一度目の来店はまず、お客様の好みを教えてもらい、性格などを見抜くことが重要です。ただ衣装を着せ、衣装の説明をするだけでは全く面白くありません。会話を楽みながら、気持ちよくその日を過ごして頂き、一番好きな衣装を選んで頂きたいと思っています。

他にも、ご両親が着られる衣装や、白無垢、打掛け、紋付などの和装の衣装合わせもしております。また、婚礼の衣装だけではなく、成人式などで着る振袖、七五三の衣装、卒業袴など、あらゆる衣装を取り扱っていますので、入社当時は、和装の衣装をどう合わせてよいのか分らず大変でした。残念ながら、今も和装の衣装合わせは苦手で、自分の好みではない衣装を選ばれた時の、小物合わせにはとても悩みます・・・。もっと経験を積み、瞬時にお客様が気に入る衣装や小物の柄を見抜き、合わせられるようになりたいと思っています。

それから、私は海外旅行が大好きなので、担当したお客様に、ハネムーンの話を聞くことも楽しみの一つです。皆様が、訪れた国々のことを楽しく話して下さるおかげで、行ってみたい国が増すばかりです。残念なことは、土日は忙しくなるので、お式当日にご挨拶に行けない時があることです。しかし後日、幸せいっぱいの笑顔で当日の話をして下さったり、「有難うございました」の言葉を頂いた時は私も幸せな気分になります。これからもお客様に満足のいくコーディネイトをし、喜んで頂けるように頑張っていきたいと思っています。

いつか、皆様にその時がきた時に、フラワーガーデンやMOREにご来館されましたら幸いです!!

 

リスニングの力を向上させたい

平能 千愛さん 国際文化学科4年

紹介者 中島 彰史

4年生の平能千愛さんを紹介します。平野さんは、 TOEIC のリスニングセクションの得点に満足がいかなかったため、「卒業研究」でリスニング力アップを目指したプロジェクトに約 1 年間取り組みました。聴き取りが苦手な学習者が多いようですが、平野さんも苦手意識を克服できるように頑張ってきた結果、望ましい聴き取り方を実感し、習得できました。卒業後も総合的な英語力の学習を継続していってほしいと思います。

リスニングの力を向上させたい

平能 千愛

もっと英語を聞き取れるようになりたいと思って、 CNN の月刊誌を使って卒業研究に取り組みました。 CNN には3つの段階があり、徐々にステップアップしていきます。取り上げられているニュースの内容は様々で興味深いものがたくさんありましたが、それと同時に聞けば聞くほど知らない単語がたくさん出てきました。改めて自分の語彙の少なさを感じました。また知っている単語でも話すスピードが速いために聞き取れないこともありました。

それでも続けていくうちに少しずつスピードになれ、以前より少し聞き取りやすくなりました。聞き取れない箇所も前後関係から推測したり、文法から考えるとおかしくないかなど、ただ漠然と聞いていた最初のころとは聞く態度が変わりました。リスニングの力をつけたいと思って最初はやっていましたが、自分の文法がおろそかなこと、語彙が少ないこと、と自分の弱いところを知ることにもなりました。

CNN で取り上げられているニュースの記事は多種多様で知らない単語がたくさん出てきたので、これからはもっと語彙を増やして今よりもっと英語が聞き取れるようになりたいです。

上原 佳寿美さん 平成7年3月卒業 金沢女子大第5期生

上原 佳寿美さん 平成7年3月卒業 金沢女子大第5期生

紹介者 中西 茂行

上原さん(旧姓、毛利さん)については、彼女の学生時代よりも文学部教養課程教務助手時代の方をよく知っている。明るい笑い声とテキパキとした仕事ぶりは今も印象に残る。「チャーミング」「美声の持ち主」「しっかり者」が私の上原さん評価である。

上原 佳寿美

これと言った格好のよい話はないのですが、現在に至るまでの私の経験(ECC教室の講師時代を中心に)をお話します。

学生時代は、自分で言いますが真面目、試験前にはノートの申し込みが殺到しました(いい過ぎですが)。合唱部や学園祭の実行委員長、その一方でコンパ(女子大当時は、付属高校辺りで他大学生がコンパの勧誘してました!)や飲み会等、いろんな経験をしました。

私は英語教師を目指していましたが、現役で実現できず教職浪人目前、それが縁あって(?)、文学部教養課程の教務助手となり、5年間、金沢学院大学に勤務することとなりました。今思うと、そこは就職というには生ぬるい環境(関係者のみなさま、すみません)だったと思いますが、私には程よく、自分も少しは成長できた居心地のよい場所だったんだろうなとよく振り返ります。

5年満期で退職と同時に福井県へ嫁ぎ、長男も生まれました。しばらくは専業主婦というものをしていましたが、それは私の性格上最もあわず、子どもを8ヶ月で保育園に預け仕事を探しました。英語を教える仕事につきたいと、ECCジュニアのホームティーチャーを始めました。しかし1年目はたった6人のスタート、広告代や幼児クラスのグッズの作成、教室デコレイト等で収入はなくなり、休日はイベントでつぶれ厳しいものでした。何よりつらかったのは2歳の子どもを保育園からつれてきては、また親と離れさせておばあちゃんに預けねばならなかったことです。子どもも大泣きするし、後ろ髪ひかれる思いでした。でも教室にくることを楽しみにする子ども達と会うと、また頑張ろうと励まされ、育児と仕事の狭間で揺れていました。2年目からは生徒も増え、ECC教室では珍しく中学生が圧倒的に多い教室でした。下は4歳から上は主婦まで生徒層が幅広かったことも手伝い、「レッスンの楽しさ」を感じる余裕も出てきました。でも同時に一つ大きくなった我が子は、だいぶ状況が読めてきて、荒れて大変、他人の子と我が子とどっちが・・・状態で悩みました。この仕事は小さな子どものいる主婦には大変なのかもしれません。

ただ、今教師を目指している方にいえるのは、「教える」という形は様々あるということです。私はずっと学校現場で「先生」と呼ばれることに固執していました。でもECCの経験は、学校でなくても「先生」はできる、「教える楽しさや難しさ、人と向き合うことの難しさ」も体験できるということを教えてくれました。教室にくる子も様々、学校でいじめに会い、教室でも情緒不安定で暴れたり泣き出したりする子もいました。いろんな生徒や保護者、先生仲間と「英語」を通して共に過ごせた時間は、とても充実していましたし、自分も成長できたかなと思ってます。何より家族のありがたさも身にしみました(今は辞めていますが、また育児が落ち着いたら、英語を教えたい!という野望はありますよ!!)。

この春、福井から石川へ戻り、夏に長女を出産、今は2人の育児に奮闘中、長男も家に帰ってきて「お母さん」がいるということに満足そうです。現在私は大学の同窓会「翠会」の仕事に携わっています。同窓会は卒業してから関わるものと思われるかもしれませんが、後輩の役に立ちたいと思っている卒業生がたくさん集っている大きな組織であり、みなさんのサポーターです。使えるものは使おう精神で、大いに活用してください。最後に、今までやってきたことで思うのは、周りにいた人との出会いが私には大きかったということです。学生のみなさん、出会いには意味があると思います。大切に、あなたの財産になるかもしれませんよ。

崎田 健太さん 国際文化学科3年

崎田 健太さん 国際文化学科3年

紹介者 新村 知子

いつもマイペース、ちょっとのんびりやの崎田君が夏休み後、「英語の勉強、楽しかった!冬休みまたフィリピンへ行こうと思っています」と、笑顔で元気に話してくれました。日本ではできないような、自然の中での生きた英語の勉強が、セブ島では自然にできたそうです。今まで「のんびりやだから、一生懸命に頑張るタイプではないのかな」と思っていた彼が、たくさんの元気、英語学習への意欲と思い出をもらってきた今回の旅。これからの崎田君が楽しみになってきました。

崎田 健太

今回の留学は、大好きな南国で勉強もダイビングもできて、料金が安いという理由で決めました。セブやフィリピンに対する知識は全然なく不安もありましたが、観光社の方に何度もメールや電話で細かい配慮をしてもらっていたので、ここで勧めてくれる所なら大丈夫!という思いで出発しました。

実際行ってみると心配していたような事は全くなく、セブでの生活は想像していたよりも、ずっとずっと楽しいものでした。治安も悪くなく、自分で気をつけていれば特に危険な事はないと思います。学校では警備員の方が24時間体制で警備してくれているので本当に安全です。現地の人々や学校で出来た友達もすごく親切でいい人たちばかりでした。

学校では、1:1(先生1人に生徒1人),1:4(先生1人に生徒4人),1:8 の三通りの授業が100分ずつあります。1:1と1:4はフィリピンの先生ですが、ネイティブの先生と同じようにきれいな発音なので、とても聞きやすかったです。それぞれの先生が色々な工夫をして私達に一生懸命英語を教えてくれます。もし、クラスや先生と合わなければ変更することもできるし、1:8の授業についていけないと思えば、1:1の授業を二つにする事もできました。

授業の後は、毎日のようにご飯や買い物に行ったり、プールサイドで他国の友達と話したりしていました。カジノやクラブもすごく安いので、お金を気にせず思い切り遊ぶ事ができます。とにかく安くて楽しめる場所がセブには沢山あります。日本にはないような規模のショッピングモールも学校の近くに二つあります。初めて見た時はこの小さな島にこんなに大きなデパートが・・・と本当にビックリしました!移動手段はタクシー以外にジプニーという乗り物があるのですが、現地民になったような感じですごく楽しかったです。 週末は学校が休みなので色々な所に行くことができました。

その上、念願のダイビングライセンスも取ることができたし、学校で主催しているアイランドホッピングでは、綺麗な海でシュノーケルをしたり、水上レストランで現地の人が作ってくれた色々な料理を食べることができました。中でも、特に印象に残っているのがボホール島という島に1泊の小旅行に行った時のことです。ボホールの海は本当に綺麗で、現実にこんな海があったんだ〜と、すごく感動しました。海だけでも充分魅力的な島ですが、ボホールには見るものや楽しめる所が本当に沢山あります。

本当に一ヶ月もあったのかと思うほど毎日すごく充実していてあっと言う間の夏休みでした。そして、今までしたことがないようなことを色々体験できました。遊びのことばかり書いていますが、もちろん勉強もたくさんしました。毎日必ず課題が出ます。今回の留学は、英語の上達に役立ったというより、苦手だった英語を少し好きにさせてくれ、英語を話す意欲をかきたててくれるものでした。ぜひ、大学生活のうちにまた参加したいと思いました。