比較文化演習(比較民俗学演習)

比較文化演習(比較民俗学演習)

益子待也

昨年まで「比較文化演習」として行われていた国際文化学科3年生の授業は、今年から「比較民俗学演習」という名称に変わります。昨年の「比較文化演習」の履修者は、ほとんど授業を休まずに出席した8名と、たまに授業をサボる1名と、日本文学科からの他学科履修が1名、それにごくまれにしか授業に出てこない1名を入れて、計11名でした。この11名は、とても感じのいい素敵な学生たちで、今でも、ひとりひとりがとても印象に残っています。

前期の教科書は、植島啓司氏の『聖地の想像力』を使い、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラや熊野信仰や日本の巡礼の話を中心に、さまざまな話題について話しました。ちょうど熊野が世界遺産に登録されたこともあって、タイムリーなテーマになったと思っています。また、参加者の一人ひとりにさまざまな話題を提供してもらい、発表をしてもらいました。前期は、授業の最後にワンポイント英文法講座の時間も採り入れてみました。

後期は一転して、菅原千代志氏の『アーミッシュ』を教科書として用い、アメリカに住むアーミッシュと呼ばれるキリスト教再洗礼派の人々の生活を学習し、ペンシルヴァニア・ダッチと呼ばれる人々やその名前で呼ばれる言語、またメノナイトやクエーカー教徒などについても学びました。

この演習では、教科書以外にも文化人類学や民俗学や比較文化に関するさまざまな話題を提供しています。学生たちには日本文化であれ、外国の文化であれ、何か一つでも面白いテーマを見つけてほしいと思っています。文化人類学であれ、民俗学であれ、比較文化であれ、とても裾野が広い分野ですから、自分が面白いと思ったテーマは必ずといっていいほど、文化の問題に結びついてくると思います。ただし、私の考えでは、日本人が日本文化を研究する場合と、日本人が日本以外の異文化を研究する場合では、学問の性格も方法も、使用する資料も難易度もまったく異なってきます。外国の文化を学ぶ方が、日本文化を学ぶことよりも、はるかに難しいと思います。日本文化を研究する場合には、オリジナリティを出す工夫をしてもらいたいし、外国の文化を研究する場合には、オリジナリティよりは、むしろセンスが重要になってきます。ただし、授業の参加者たちは、この授業で学ぶすべてのテーマに興味をもつ必要はないと思っています。何かひとつ面白いテーマを見つけて、それが卒業研究に結びつけばいいと考えています。この演習を通じて、「日本文化の中で桜の美学はどのように展開してきたか」とか「日本中世の人々は夢をどのようなものとして認識してきたか」とか「カナダの中でフランス系の人々はどのように生きてきたか」とか「コンサートの聴衆という概念はどのように成立したか」とか「ニューヨークという町とユダヤ系移民はどのような関係にあるのか」とか「バリ島の宗教はどのようなものであるのか」といったさまざまな問題意識や発想が生まれたらいいと思っています。

今年からこの授業は「比較民俗学演習」という名称に変わりますが、内容は変わりません。今年は、宮本常一という民俗学者がアジア・アフリカを旅したときの紀行文を教科書にして、日本や世界の文化について考えてみたいと思います。この授業では、研究地域もテーマも切り口も資料も一つではありません。学生たちには、柔軟な複眼的思考を育んでもらいたいと思っています。さまざまな話題を提供し、学生にアドバイスを与えるのが、この授業の目的であると考えています。この演習を通じて、何か一つでも興味がもてるテーマをみつけてもらえたら、とても嬉しく思います。

イングリッシュ コミュニケーション ?・?

イングリッシュ コミュニケーション ?・?

ゴードン ベイトソン

国際文化学科では、イングリッシュコミュニケーションという授業を通して、学生の皆さんに、英語で、特に英会話でコミュニケーションを取る練習をしてもらっています。教材やトピックは難しくも新しくもないですが、ただ会話を覚えるのではなく、自分の言葉を使って自然にコミュニケーションを取るのが目標なので、授業自体はやりがいがあるものです。

私が新入生に授業の説明するときは、このように言います。「英語は、スポーツみたいなものです」つまり、うまくなりたかったら、たくさん練習をしなければなりません。時間と努力を惜しまなければ、誰でも英語が話せるようになるけれど、その代わり、練習しない人は、絶対に話せるようにならないのです。

英会話の場合は、特にそうです。特定の単語や文法事項が理解できることと、それを会話の中で使うということは、まったく別のことです。言葉を話したり、聞いたりしているときは、脳は多くのことを同時にしなければならないので、文を完全にゼロから作っていくというのは無理な話です。考えなくても、「知らない間に」でてくる表現をいくつか持っているということが大切なのです。

英語とスポーツのもう一つの共通点は、その練習を楽しむ方法を見つけたら、続けることがずっと楽になるということです。同じような活動を楽しむ方法は、人によってまちまちですが、一般に授業では「友達」同士で近くに座ることが多く、その友達同士は、活動に対して同じような楽しみ方をすることが多いのです。すぐに話し始めたいというグループもあります。話して、話して、話し続けます。この学生たちにとっては、考え方や感じ方を友達と分かち合うことが楽しみなのです。彼らは、話すことに夢中になりすぎて、焦点となっている語彙や文法項目を忘れることもあります。一方、話す前にじっくりと準備するのが好きなグループもあります。準備しているので、話をするときには、目標となっている表現を使って話すことができます。もしその表現がうまく使えれば、グループのメンバーはみんな達成感を感じ、それを嬉しく思えるでしょう。

このように、イングリッシュコミュニケーションの授業では、先生やクラスメートと英語で話をして、自然で楽しい英会話に参加できる力を養っていくわけです。

受講生のコメントより Kisa 「This class is very interesting! because the main focus is on English Communication.」 「授業の中心が英語でのコミュニケーションなので、このクラスは、とても面白いです! 私自身あまり英語は得意ではないのですがこのクラスはとても楽しいです。何を言っていいか分からなくなっても、ベイトソン先生がさりげなくアドバイスをしてくれたりするので、気兼ねなく受ける事が出来ます。」 Kana 「I think this class, English Communication, is very fun!! When I was a first grader, I didn’t [...]

English Communication 3 and 4

English Communication 3 and 4

Gordon Bateson

The English Communication courses in the Department of Intercultural Studies are intended to give students a chance to practice communicating in English, in particular using spoken English. The materials and topics are not difficult or new, but the class is challenging because the goal is to [...]

人間文化基礎演習?

人間文化基礎演習?

中西 茂行

この授業は、1年生を受講対象として昨年度から開講された科目である。授業目標は、社会学とりわけ社会意識、文化社会学分野に関する関心を引き出すことにある。授業では、抽象的、体系的理論について学ぶより以前に、まず、身近な<モノ><コト>に眼を向けるように指導している。そこから人間の生活・社会・文化へと視野を広げる視点が培われれば授業目標はとりあえず達成されたこととなる。

使用テキストは、昨年度、本年度と鵜飼正樹・永井良和・藤本憲一編『戦後日本の大衆文化』(昭和堂、2000年)である。目次を列記すると、「戦後日本の大衆文化を考えるために」「学校給食」「冷蔵庫」「ファミリーレストラン」「結婚式と披露宴」「子ども部屋」「ゴールデンウィーク」「ペット」「健康法」「化粧」「野球」「海外旅行」「大道芸」「写真」「大衆文化のとらえ方」という構成である。

前期授業では、各章を二人の受講生がそれぞれにまとめ(レジュメ作成)一人が発表し、もう一人が補足説明をするという形式を取った。その後フリーディスカッションである。

夏期休暇中に「テキストの内容に関連する文献を一冊読みその概要をまとめること」という課題を出した。

後期、休み明け、各人がその本の紹介を行った。受講生9人の読んだ本は「ペット、介助犬、アニマルセラピー、災害救助犬、ロボット犬」等に関する図書が6人と多い。他の二人は「野球、サッカー」であり、もう一人は金沢という都市の伝統に関するものであった。

11月から学期末レポート作成の指導をする。本年度は、「人間の生活と動物」という風な共通テーマでのレポート共同作成も可能かも知れない。共同研究であれ個人による単独のレポート作成であれ、文献を読むなり資料を整理するなりの作業を地道にすることの重要性を受講者に伝えたい。

受講生のコメントより 小堀 喜信 「この授業は与えられたテーマについて、みんなで話し合う(ディベート)のですが、人それぞれ違った性格や感性があるせいか様々な意見が出ておもしろいです。それに、中西先生は社会学専門なので、時折社会学の視点からテーマについて話し合うのがユニークです。また、与えられたテーマについて2人がそれぞれレジュメを書くので、見比べたりして意見を述べたり、自分のレジュメに不足しているものを次回のレジュメづくりに活かすなどし、レジュメ作りが上手くなります。」 関根 明 「人間文化基礎演習は少人数で行う授業なので発言するチャンスが多く、とても楽しい授業です。内容は身近なものについてのことなので興味深いことばかりで勉強になります。」 長田 隆平 「暮らしや遊びといった大きなテーマから学校給食や海外旅行などの具体的テーマまで扱い、それらが人びとにどのような影響を与えあってきたのかを少人数で考察する授業です。時代と共に、ひとびとの生活の変化を担う文化が形成されていく過程を知ることが出来る有意義な授業です。」 林 千勢 「この授業は、人数が少ないせいか、いつもほのぼのした雰囲気です。みんなよく発言するし、どちらかというとグループで会話をしているような感じです。私たちは今、昭和の文化について勉強をしていますが、授業を進めているとクラスの人からその話題についていろいろな話が飛び出すので聞いていて楽しいです。」 中村 厚太 「戦後から現在に至るまでの文化の変化は様々な事情が要因となっています。クラスメイトと変化の過程を調べたり話し合ったりすることで意外なことが判ったりものごとがより詳しく判明したりして関心が大きくなります。」 村本孝太 「このクラスはすごく意見がよく出て楽しくよいクラスだと思います。せっかく少人数なのに、皆、あまり意見を言わず、静かになってしまうこともよくある中、このクラスだけは毎回多くの意見が飛び交い時には脱線してしまうこともあるけれど最終的には程よくまとまります。中西先生が電子手帳を片手にプラスアルファの情報を教えてくださるのも楽しみのうちの一つであります。」 新保晴夫 「この授業では、先生が何人かの学生にレポートを課し、そのレポートに沿って先生を含むみんなで討論していくというものです。同じ題であってもその人その人の観点の違いで、必ずしもみんな同じ考え方ではないので、それぞれの意見を言い合って一つの結論を導くと言うのがとても面白いと思います。」 W・X(匿名希望) 「他の授業よりはかたくないのでやる気が出ます。実は結構恥ずかしがりやですぐ赤くなるので中学のとき“かわいい”とか言われていました。でも人と話すのは苦手ですぐ照れてしまいます。人間文化基礎演習の授業に出るようになって少しは話せるようになったと思いますーーー。」 [...]

英米文学演習?:イギリス小説に親しもう

英米文学演習?:イギリス小説に親しもう

木梨 由利

3、4年生を対象に通年の授業として開講されているこのクラスの目的は大きくわけて二つあります。一つは英文を読む力を伸ばす事、もう一つは英米文学に少しでも親しむことです。用いるテキストは、長編小説(或いはその抜粋)だったり、短編小説だったり、文学評論だったり、年度によって異なっていますが、今年度は、イギリスの作品やその作家について書かれた英文を読んでいます。取り上げられている作品は有名なものばかりですが、古典といわれる作品に加えて、コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者)やアガサ・クリスティ(エルキュール・ポアロやミス・マープルなどで有名)の作品など、純文学としてというよりも、娯楽作品として親しまれているものも含まれています。

授業の内容・方法は、というと、「英語を正確に読む訓練をする」という観点から、前期は訳読中心で、文面からだけではわかりにくいことは概ね教師が説明し、時に解説用ビデオや作品を映像化したビデオを鑑賞するなどというものでした。どちらかというと教師主導型でしたが、後期は、テキストの形式にもなれたところで、受講生の皆さんに主導権を握ってもらうことにしました。誰がどの部分を分担するのか、英文を解説するにしても、どういう風に表現したらいいのか、説明をわかりやすくするためにハンドアウトを配るとしたら、どこから材料を取ってきて、紙面にどのように配置したらいいのかなど、まず自分たち自身で考えてもらおうと思っています。プレゼンテーションの能力が重視されるようになってきている時代です。英文の読み方ばかりではなく、その種の技術を磨く機会にもなって欲しいと思います。先日の授業では、早速、文章と写真が美しく組み合わされた、わかりやすいハンドアウトが配布されました。

この科目は国際文化学科の専門科目で、現在受講人数が3年生のみ8人という小さいクラスなので、すぐにレポーターの順番が回ってくることになり、そういう意味での大変さはあると思いますが、反面、気心の知れたもの同士、質問など気軽に口にしやすいという利点があります。

読書以外の娯楽や刺激が多い現代、ゆっくり小説を読む機会は年々減ってきているのが現状だと思いますが、読書は最も手軽な娯楽の一つで、時には格好のストレス解消の手段にもなり得ると思います。受講者の皆さんに、小説を読む楽しさを少しでもわかっていただきたいな、と思いつつ授業に臨んでいます。

受講生のコメント

井口 英治

この授業は、英米文学を学びます。授業をしながら作者の事や、物語がすごくわかって楽しいです。いろんな物語があって、おもしろいです。この授業で英米文学が好きになりました。

大岸 将幸

この授業を前期も受けたけど、他の授業と少し違う感じだった。歴史的な事や本の舞台の場所を写したビデを見たり、本が好きな人には最高の授業だと思う。後期も楽しみな授業だ。

角田 学

この授業はわかりやすく、くわしく教えて頂けるので履修してよかったです。人数も少ないので、集中して、授業を受けることが出来ると思います。

紙谷 松美

この授業ではイギリスの小説についての作品紹介や、その作品が書かれた時代背景などについての、すべて英語で書かれたテキストを訳していきます。

みんなが知っているフランケンシュタインやクリスマスキャロルなどをこれまで習いました。ときどきビデオで作品をみたりと、楽しくやっています。

ちなみにフランケンシュタインはあの怪物ではなく、その怪物をつくった人のことを指しているのを知っていましたか?

北野 倫子

この授業は主に、イギリス文学について学ぶ授業です。1つの作品をテーマとして、簡単な作者の生い立ちなどから始まり、そこからどのような経緯を経てその物語が生み出されたのかを、作品の内容を交えて簡単な英語で綴られた本を用います。文を訳しつつ読んでいくうちに、新たに気に入った物語を見つけることもあります。映画で有名な『ロミオとジュリエット』から、ディズニーの映画でも有名な『不思議の国のアリス』など、誰もが知っている話もたくさんあります。生徒の意見を尊重してもらえる面白い授業です。ぜひとも受けてほしい授業だと思っています。

黒田 由香

この授業では有名なイギリスの文学作品の大要やその作品の作者についての英文を読みながら学んでいます。私はこれまで作品について読むことはあっても、作者に関してはあまり知る機会がなかったのでとても勉強になります。また少人数での授業なのでわからないところがあったらすぐ先生に聞くことができます。いろいろな作品を読むことができるので毎回とても楽しいです。

永田 裕樹

[...]