児童文学:子どもの本の楽しさと深さを知ろう

児童文学:子どもの本の楽しさと深さを知ろう

水井 雅子

児童文学とは、文字通り「子どもの本」について知り、考える授業です。子どもの本にも、大人の本と同じくらい多くのジャンルがあります。子どもの場合は、年齢別のジャンルもあるから、大人向けの小説よりもそのジャンルは広いかもしれません。絵本一つとっても、「愛」を語るものから、社会との関係を教えるもの、純粋に楽しみのための本、と様々です。詩、昔話、読み物、これもリアリズム、ファンタジー、ナンセンス。さらにその中に、現代を舞台にしたもの、歴史小説、戦争物語、妖精物語、少女小説、冒険小説、推理もの、と幅広いのです。さらに、子どもの本というだけで読まないのは本当にもったいない、面白くて素敵な物語がたくさんあります。

授業は通年の一年間ですが、先ず前期は、児童文学にはどのようなジャンルがあり、その典型的な物語にはどんなものがあるのか、又それぞれジャンルの特質やそのジャンルが抱える課題などを、学びます。また、児童文学はイギリスが発祥の地といっても過言ではなく、児童文学では、イギリスは質、量、共にやはりナンバー1です。そのイギリスにおける児童文学の歴史も学びます。また、この授業は国際文化学科だけでなく、日本文学科の選択専門科目でもあるので、児童文学の歴史も学びます。

後期は、一つのジャンルに焦点をあわせて、深く学びます。作品を鑑賞し(ヴィデオを見ることもあります)、さらに、同じジャンルの作品をいくつか比較して考えたり、作家について学んだり、時代背景について学んだりします。そうやって、様々な面から子どもの本を知り、考えていくことによって、子どもの本とは何なのか、どうして必要なのか、どのような本が理想的なのか、を学生達に自分から見つけていってもらおうと考えています。今年はファンタジーに焦点をあてて、児童文学におけるハイ・ファンタジーの祖とも言える、トールキンの作品(『ホビットの冒険』や『指輪物語』など)を中心に学び、ファンタジーの意味やその機能、その魅力、などを考えていきます。

子どもの本を知るということは、自分達が大人になって親になったときに、子どもの本を選ぶときの役に立つ、というそれだけではありません。自分が置いてきてしまった子ども時代を、別な子どもの話として体験し直すことでもあります。それは、想像力を養い、他者への思いやりを持つことにつながるものです。児童文学は子どもだけでなく、大人にも大きなものを教えてくれるわけです。読んで楽しい、というそれだけで、十分役に立ってくれてはいるわけですけれど。

児童文学:学生からのコメント

児童文学:学生からのコメント 国際文化学科2年

細谷 美幸

児童文学には誰もが幼少のころ、一度は触れたことがあると思います。幼少のころとは違う感性をもって、この講義で改めて児童文学に触れてみて、改めて児童文学の面白さに気付きました。絵本のストーリーや挿絵の色使いなど、すべてが新鮮に感じました。そうした今、幼いころに読んだ絵本を、又読み直したいです。

室屋 藍子

私がこの授業を選択したのは、「絵本」や「物語」に興味があったからです。この授業では、小さい頃に読んだことのある絵本や、初めて知った本をいろいろな視点で、見ていきました。これはどんな分野なのか、とか、子供のときにはこう思っていたけれど今は・・・など、新鮮な気持ちで読む楽しさを教えてくれました。今度、小さい頃に読んだ本を読み返してみたいと思います。

冨澤 北穂

絵本というのは、子供が読むものだと僕は思っていました。けれど児童文学の講義を受けたことで、絵本とは子供を大人に育てるための本と同時に、大人にとっても自分を見直すこととのできる本だと思いました。講義では、イギリスの童話とかも出てくるので、イギリスと日本の教育に対する違いも分かるので、とても興味深い講義になっています。

大塚 智史

児童文学では絵本のことも題材として扱います。絵本には作家からのメッセージが分かりやすく記されています。そのメッセージを読み取ることができれば、絵本はとても面白く、奥が深い読み物になるのです。児童文学はさまざまな絵本を紹介するので、さまざまなメッセージに気付くことができます。

鈴木哲郎

本を余り読んだことのない人や、本に余り興味のない人でも、気軽に受けられる授業です、教科書の内容もとても親しみやすいものなので、授業を受けていくうちに、文学の面白さや奥深さを学べて、とてもタメになり、本が好きになれます。

日本文学科3年

加藤 佐世子

「児童書」と聞けば、子ども向けの本を連想すると思います。確かに「児童書」は大人が子どものために書いた本でもあります。しかし、この講義では、子どものために書かれた「児童書」がいかにすばらしいかということをまなびました。私たちの年齢になると、もう意図的に「児童書」を読むことは極めて少なくなってきます。なぜなら、自分の年齢で読む本ではないと思ってしまうからです。私自身、ここ数年、児童書には全く触れていませんでした。ところが水井先生が講義内で児童書を何冊も読んでくださって、改めて児童書が子どもに与える影響力、その内容のすばらしさに気付かされました。個人的には、自分に母親が読み聞かせてくれた本を思い出し、懐かしい気持ちにもなりました。今では「ハリー・ポッター」シリーズや「指輪物語』シリーズなど、児童文学の特にファンタジー文学が注目を集めています。水井先生はファンタジーについても歴史的背景をふまえつつ、講義して下さるので、現代の児童文学ともシンクロしています。かつては自分も慣れ親しんでいた児童文学を、大人になった今、文学として学んでみて、興味深いと感じた学生は私だけではないはずです。

濱垣 里穂

やっぱり「本」って面白いっ!!そう思わずにはいられない授業です。幼い頃に読んだあの本が、あのシーンが「フィクション」というカテゴリーに照らし合わせてみると、もう一度いきいきとよみがえってくるようにさえ思うのです。主に授業で扱っている作品は欧米のものが多いのですが、日本文学科の私にも難なく受け入れられるのが、不思議なくらい楽しい授業です私は将来、「子ども時代によき本と出会う」ことの重大さ、素晴らしさ、これを伝える仕事につきたいと考えています。この授業なら、間違いなく子どもがよろこび、たのしみながら同時に学びながら読むことのできる本との出会いを導いてくれることでしょう。私は今、この児童文学の授業を通じて、本を読むたのしみ、それを伝えるたのしみ、よりたのしむためのカテゴリーを学んでいます。それらのことが、将来に本当につながっていけばよいなと思う毎日です。

[...]

英語学講読

英語学講読: 英語表現のイメージを捉えよう!

中島 彰史

この授業の目的は、英語を英語として理解する力を身に付け、特にリーディングとスピーキングの実践力をアップさせることです。「英語として理解する」とは、英語の用法やイメージの仕方を理解するということを意味します。例えば、「〜したほうがいいよ」という意味を表す表現としてhad betterがありますが、「毎日三度しっかり食事をとったほうがいいよ」を、had betterを使って表現するのは不適切です。この文は、特定の状況に対する対処法ではなく、ごく一般的な対処法を述べているからで、このような場合は、shouldなどを用いるほうが適切です。このように、英語に対応する日本語を単に覚えただけでは使いものにはなりません。授業では、日本人が間違いやすい英語表現を取り上げて、英語の使い方として何故間違っているのか、そのような間違いをしないためには何に気をつければいいのかなどを学習します。

また、基本的な動詞と前置詞(または、副詞)とが結合して、様々な意味を表すということは既に皆さんもご存知でしょう。その時、一つ一つ日本語訳を覚えていくという、暗記に頼る学習をしている人が多いのではないでしょうか。授業では、この点でも、「暗記」する、つまり、英語を理解しようとはしない、方法を取らずに、動詞と前置詞(副詞)のそれぞれの基本的イメージを大切して、そこから様々な意味を導き出していくことができるようにいろんな課題をこなしていきます。

授業は、受講生の人数が多くはないので、受講生と教員の双方向のやりとりを通して、一人一人の理解を確認しながら進めることができます。受講生全員に、英語の学習はその根本に楽しさや面白さがあるということを実感してもらいたいし、また、自立して英語の勉強を進めていけるだけの力量をつけさせたいと考えています。

以下、受講生のコメントを掲載します。

今川 奈都美

この授業は始めに先生が配るプリントでちょっとした問題を解いてから教科書でpushやcarryなどの動詞をより深く学びます。プリントでは文法だけでなく英語表現として合っているかどうかをやったり、教科書では動詞をいろいろな角度から学ぶのでとても勉強になります。ただ、一限目にあるので、朝に弱い私としては少しつらいのが問題です。

角 咲奈

私がこの授業を選んだ理由は、英語の意味をただ日本語に訳すのではなく、もっと自然な英語としてのニュアンスを学びたいと思ったからです。この授業では、単に日本語に訳しただけでの限られた意味ではなく、英語としての微妙な意味の表現の仕方がたくさん学べると思います。人数もたくさんではないので、わからないところがあると先生が一人一人に丁寧に教えてくれるのもいいと思いました。

木村 勇

一つの単語にもいろいろな意味があるということが分かった。一つの単語には、意味は一つではなく、文章によってその単語の意味が変るので、文章を日本語に直すのが難しい。

中浦 久美子

英語学講読を勉強して、英語を使う時には、それに適切な単語・文体であるのか、あるいは、不適切であるのかを考えなければならないと痛感しました。例えば、同じ「旅行」という意味でも、travelは一般的、tripは具体的な旅行を表していますが、このように、英語は用途によって使い分けなくてはなりません。英語の実力をつけることができるように、この授業を頑張りたいと思っています。

細川 雅史

私は英語の文法が苦手だった。しかし、この授業を受けてちょっとずつだが、理解できるようになってきた。単語一つずつが様々な役割をするのだと分かった。例えば、pushだ。今までは「押す」という意味しかないと思っていた。だが、実際学んでみると、限りなくたくさんの意味があるのだ。こうやってちょっとずつだが、理解できるようになっていきたいです。

山下 千晶

私がこの授業を選択したのは、講義要項を見て「ある語が持つ英語としての意味・使われ方・英語の発想などを身につける」「暗記に頼る勉強法ではなくネイティブスピーカーの持つイメージや発想法に近づき実践できるようにすること」から、その単語単語が持つ意味からその文の意味を理解し、かたい英訳ではなくやわらかい自然な訳ができる力を身につけたいと思いこの授業を選択しました。実際に、この授業を受けてみて、授業では、例えば、ある動詞からイメージできる意味とある目的語からイメージできる意味からその文の訳をイメージしていく。辞書の熟語だけにとらわれず、イメージから訳を生み出す力がつけられると思いました。暗記に頼ったその意味だけにとらわれず、ネイティブスピーカーの持つイメージに慣れ、それをつかみとっていけるように頑張っていきたいと思います。

[...]

現代英語研究III

現代英語研究?

リック ブローダウェイ (訳: 新村 知子)

この選択科目は、私が最も好きな科目の一つです。教え始めて四年たちますが、毎年少しずつ授業内容を改良してきています。授業は、インターネットに接続されたパソコンが25台装備された2号館のマルチメディア室2で行われています。

この授業は、インターネット上で英語を使うことによって英語を覚えようという非常に簡単な考え方に基づいてできています。学生たちは、他のクラスメートだけでなく、世界中の英語学習者を含むオンライン共同体の一員になります。ここでは、現実の問題について、現実の人々とコミュニケーションを取るために英語を使う機会がたくさんあります。

このオンライン共同体は、Yahooによって提供されています。Yahoo Japan ではなく、Yahoo USAです。つまり、学生たちは完全な英語環境でインターネットを利用する方法を学ばなければならないのです。最初は、少し負担に思うかもしれませんが、ほとんどの学生は慣れていきます。この意味においては、この科目は留学やホームステイと似ています。最初のカルチャーショックが過ぎれば、この新しい環境が心地よく思えてくるのです。

前期には、学生たちは時間を掛けて、My Yahoo, Yahoo Mail, Yahoo Calendar, Yahoo Profile, Yahoo Groupsなど、色々なYahooの特徴に慣れていきます。メールを送ったり、返事を書いたりする練習もします。自分のカレンダーやプロフィールを運営する練習もします。掲示板やチャットに参加する練習もします。前期には学ぶことは多いですが、いったん必要な技能を学んでしまうと、2学期目は非常に楽です。

後期は、Yahooを使って、アメリカへ2週間の想像上の旅に出ます。学生たちには、本当に旅行しているように想像してみるように指示します。最初は、どこへ行って何を見たらいいのか、ほとんどの学生たちには想像もつきません。が、数週間目的地を調査するうちに、学生たちは、ワクワクしてくるようです。いろいろなホームページを調べることにより、訪問できる面白い場所をすべて見ることができます。学生たちが新しい発見をしているときの彼らの表情を見るのが、私は大好きです。

学生たちは、旅行の日程を作るのにYahoo Calendarを使います。Yahoo Mapsを使って、移動時間を計算もします。Yahoo Travelを使って、交通手段やホテルも調べます。Yahooの旅行のオススメにしたがって、人気のある観光地に行く学生もいます。しかし、自分だけの冒険をするために、知られていない土地に行こうとする学生もいます。私は、学生たちに冒険をして、ほとんどの日本人が知らないような情報をインターネットで手に入れるようにと勧めています。

旅行日程が決まったら、インターネット上で公開するので、他の学生たちはそれを見て、自分の日程と比較することができます。

この授業の素晴らしいところは、授業が終わらないということです。多くの卒業生が、私がこのクラスのために作ったYahoo groupを続けて訪れています。あなたもここをクリックすれば、訪問することができますよ。オンライン上でお会いしましょう!

英語の原稿はこちらです [...]

英語科教育法I, II

英語科教育法I, II

川畑 松晴

将来中学校や高校の英語教師を目指す学生のための必修科目です。以前は1科目で4単位だったのですが、昨年度から文部科学省の意向を受けて、2科目8単位となり火曜日と水曜日にI,IIとして開講しています。2科目となったお蔭で、扱う範囲も広く、またより深く諸課題を追求することができるようになり、担当者としてはとても嬉しく思っております。

「わが国で英語教育をする意義」、そもそも「現代社会における英語の役割」とは、「母語習得と第二言語の習得の違い」は何か、「外国語教授法の史的変遷」等の大きなテーマから始まり、より具体的な「4技能(listening, speaking, reading, writing)の指導法」、「コミュニケーション能力養成のための研究」へと進みます。もちろん、「学習指導要領の研究」や「学習指導案の作成」も重要な課題です。さらに、金沢市内の学校や公開講座等の訪問見学をする場合もあります。昨年は田上小学校で、その前は北陸学院附属小学校、市立南小立野小学校で小学生の英語活動を見せていただきました。今年は金沢市が教育特区として「小・中一貫英語教育」に取組みます。小学校での英語活動/英語教育もこの授業の大きな関心事です。

そして、忘れてはならないのが、4年次の教育実習に向けての研究です。実際の中学校の教科書を用いての教材研究と指導案の作成、そして15分間の授業をしてもらいます。これが英語科教育法1で前・後期1回ずつ行う「マイクロテーチング」です。生徒役の仲間たちの盛り上げ・協力も大切です。ビデオ撮りを必ずするので、あとで自分自身を観察するのも大きな刺激となるようです。

受講者の声 3年 山谷 智佳

私は今、英語教育に大変興味があります。正直なところ、私は英語がそんなに好きと言うわけではありません。かつて私は、「英語」に強い憧れを抱いた時期がありました。ところがいつしか、英語が私にとって大きな壁となっていました。

なぜ、大きな壁となってしまったのか。私のような思いをした人は少なくはないと思います。私は、これから英語を学ぼうとする、または、今現在学んでいる全ての人にとって、「英語」が大きな壁とならないように教えることができたらいいなと思っています。この授業には大きな期待を抱いています。何を(WHAT)・どのように(HOW)教えると、一番理解しやすいか、教わる側の立場にもなってクラスのみんなと一緒に考えて行きたいと思います。

3年 高木景子

授業では小・中・高の英語教育のあり方について学んだり、マイクロティーチングという皆の前で模擬授業をする時間もあります。私は人前で話すという経験はあまりありませんが、マイクロティーチングが楽しみです。そこでいろいろな経験をして、4年次の母校実習では自分で納得できるよう頑張りたいと思っています。

3年 樫田 昇

英語教師として最も大切な要素を一つ挙げよと問われたら、私は「自分の生徒以上に英語を学ぶ姿勢を持つこと」と答えたい。言語は生きていて、変化をし続けています。また、外国語学習の目的も時代と共に変化します。したがって、教師も当然それに対応して成長しなければなりません。英語の「今」の在り方を理解し、英語の「新しい」教え方を見つける。子ども達の未来のために、この授業でしっかりと学びたいと思っています。

「今」の在り方を理解し、英語の「新しい」教え方を見つける。子ども達の未来のために、この授業でしっかりと学びたいと思っています。

3年 菊地孝義

“As language develops, the teacher must progress as well.” これは『ふう狂教師(Crazy English)』というドキュメンタリー映画で有名な、中国を講演行脚する英語教師・李陽(リーヤン)の言葉であるが、英語教育に携る人々にとって肝に銘ずべき意味を持つ。文明の発達と共に急激に世界に普及した英語はすでに’lingua franca’として認知されている。その英語を外国語として教え学ぶことの意味が、英語圏の文化人々との交流だけでなく、世界各地の様々に異なる文化や人々の理解という側面を持ち始めている今、英語習得の「光」と「影」も考えながらよりよい英語教育を模索するこの『英語科教育法』の授業の意義は大きい。

[...]