カナダでの印象

河邉 賢

 カナダのバンクーバー空港について、空港に入り口で待機しているときに感じた印象は、世界中から人が集まってきていることでした。アジア系の人はもちろん、スペイン系、アラブ系など、成田空港とはまた違った雰囲気がありました。世界中から人が集まり生活しているので、それら複数の文化や習慣が受け入れられています。それらのことをmulti-culture (多数の文化)が形成されている。実際にバンクーバーシティに滞在している際にたくさんの日本人や、韓国人、中国人などがおり、観光客向けにその国の料理店などもたくさんありました。

 カナダでの移動の際に車やタクシーを利用したのですが、日本とは違い左ハンドル、右走行でした。そのことは前から知っていたのですが、ヴィクトリア市でホストファミリーが迎えにいて車に乗るときに早速左側に乗ってしまうところでした。カナダでは、日本車のほうがたくさん走っていました。コンパクトカーや軽自動車はほとんどなく、少し昔のセダンタイプやワゴン、ハッチバックなどの車が多く走っていて、日本とカナダの意外なつながりを感じました。ホストファミリーの人に日本車が多く走っていることを話したら、日本車は燃費がよく寿命が長いと言っていました。実際に、ホストファミリーが使っている二つのうち一つが、日本車でしかも二十年近くも前に生産されていたものでした。駐車場に車を駐車するときは、ほとんどの車がたいてい頭から突っ込んで止めていました。この国にはバックで車を止める習慣がないみたいです。

 自転車はよく見かけたのですがどの人もヘルメットを被っており車道を走っていることがほとんどでした。曲がるときも手で合図を出しわき道などに入っていきました。ヘルメットをしていないといくらか罰金を取られるそうです。普段僕が乗っているママチャリなどはほとんどなく、ほとんどの人がマウンテンバイクなどに乗っていました。

 カナダでは、ホームステイだったのでホストマザーが毎回作ってくれました。カナダには、これといったカナダ料理がないのでメキシコ料理やパスタ、日本食も作ってくれました。食事の量は普通だったのですが、ジュースや牛乳などの飲み物はものすごく大きかった。僕たちが飲んでいたリンゴジュースはたぶんファミリーサイズだと思うのですが、3.5リットル、牛乳 4リットル、バニラアイス1.89 リットルという大きさで驚きました。ショッピングセンターに一緒に行ったときに、日本では2リットルが一番大きいジュースのサイズだと言ったら、カナダではマクドナルドでジュースのLサイズは2リットル入りだと言ったので、唖然としました。

 カナダでの公用語は、英語とフランス語の二つで大抵の商品にその二つの言葉で書かれています。モントリオールではフランス語が主に話されていて、英語はほとんど話す人はいないそうです。

 夜は、部屋でテレビを見ることが多かったのですが、テレビのチャンネルが100近くあり、ホームステイ先では約80チャンネルが見ることができました。アイスホッケーやバスケットボールなどはほぼ毎日放送していました。ちょうどその時期はWBCの時期だったので野球も見ることができ、また日本のアニメも英語に吹き替えされて放送していました。

 休日はほとんどの人が、昼が過ぎたら活動し始めるので、それに合わせて店も午前中はコンビに以外は閉まっており、午後になってやっと店を開き始めました。

 学校が終わった後や、休日にはよくビーチに出かけたのですが、ペットを連れている人がよくいてほとんどが放し飼いの状態でした。しかししっかりとしつけがしてあるので飼い主の言うことをしっかりきいていました。

 カナダでの生活は長いようで短かったのですが、自分の中ではとてつもなくよい経験になりました。

Comments are closed.