「フロンティア精神」のたまもの

『CLUB』編集長の丹羽麻理さん(本学一期生)からのメッセージ

新村 知子

 丹羽麻理さんは、とても個性的な、エネルギーにあふれた、瞳に輝きのある学生でした。彼女は、本学が短期大学から四年制女子大学に変わった初年度に入学した、いわゆる第一期生です。すべてが初めてのことばかり、決めなければいけないことばかり、先は全く分からない、けれど学生たちも教職員も皆気持ちが熱い人ばかりという時代。そんな中でも一際目立った彼女は、「いったいどんな社会人になるんだろう?」という私たちの興味と不安をよそに、彼女は地元情報誌の編集業界に飛び込み、苦労を重ねながらついに編集長になりました。

 今月の学科ニュースは、そういう丹羽麻理さんから皆さんへ送るメッセージです。

「フロンティア精神」のたまもの

情報誌『CLUB』編集長 丹羽 麻理 (奥田 麻理)
(本名は奥田麻理、旧姓の丹羽はビジネスネーム)

 私が大学生活を送っていたのは、昭和という時代が終わり平成へと移った、バブル期最後の頃。その時代に大学生だったと言えば、さぞかし派手なキャンパスライフを謳歌していたに違いないと思われがちだが、入った先は金沢の山奥にできたばかりの女子大学。しかも一期生だったため、学内にはほんのわずかの学生と、やる気満々の教授陣と職員だけしかいない。代返の攻防もトライ&エラーの連続だし、効率的な単位の取得方法を伝授してくれる先輩もいない。

 そういうわけで、大学生活を通して「フロンティア精神」だけは養えたのではないかと自負している。もちろん、英米文学科で学んだということも多少は手伝っている。何の授業だったかは忘れたが、視聴覚教室で『シェーン』という映画を見て、なぜか西部開拓時代の人々のパワーに魅了され、後の就職活動では、創業間もない新しい会社で一緒に何かを築きたい、と思うようになり、「できたばかりの会社」という奇妙な基準で就職先選びを行った。そこで、当時まだ創業10年しか経っていなかった金沢倶楽部に入社を決めたわけである。

 そんな会社で13年勤め続け、今でこそ、出版物の企画から、編集、制作、販売営業までを行うセクションの統括者として、または北陸の情報誌『CLUB』の編集長として仕事を行っているが、入社してから現在に至るまでの間には、実に様々なことがあった。雑誌編集にはじまり、パソコンでの誌面デザイン、広告代理店部門での広告営業など、慣れた頃には次々と新しい課題を与えられたものである。

 ファッションショーの企画実行、海外取材やタレント取材など、一見華やかに見える仕事にも随分携わったが、それをやり遂げる過程の中では、その何倍も地味で大変な仕事もしたし、多少の困難もあった。経験の浅かった頃は、精神的、物理的な余裕のなさから、寝ずに仕事をすることもあったし、心身の疲労からヒステリックになったこともあった。

 この5年半は、古巣の『CLUB』編集部に戻り、女性で初めての編集長として指揮を執ってきたが、慣れた頃に次の課題が与えられるのが会社の常。11月号の発売を最後に、編集長は後輩に引き継ぎ、また新しい仕事にチャレンジすることになっている。

 私生活でも日々新しい挑戦の繰り返しだ。縁あって昨年結婚したけれど、相手が現役の国会議員だったため、今までの人生からは想像もつかなかったような経験をしている。それまでの私は、選挙や政治からはほど遠い世界で生きてきたので、見ることやることの全てが新鮮で珍しいのだ。よく「代議士の妻って大変でしょう?」と言われるけれど、大変というよりも未知の世界なので、大変具合を計るモノサシさえ無いというのが正直なところ。そもそも、人の妻になるという経験自体が初めてなので、私にとっては政治家の妻として夫とともに選挙を戦うということと、台所で手際よく料理を作るということは、同じレベルで大変なのである。

 けれど、どんな困難にも挑戦する気持ちを忘れずに、目をそらさずに向き合えば、その分だけ得られるものは必ずある。それが36年の人生の後半で私が得てきたことだろうか。この先、どんな人生が待っているかはわからないし、ひょっとすれば、まだまだ想像を超えるような、とんでもないことが起きる可能性だってあるけれど、「フロンティア精神」を忘れずに、何事も前向きに受け止めていきたいと考えている。


Comments are closed.