Are you with me?

小原 金平

 The early bird catches the worm. 「早起きは三文の得」と言いますが、日曜日の早起きには英会話上達の秘訣という得を見つけることができます。7時から教育テレビで初級英語番組の再放送があるのです。10分番組の何回分かをまとめて放送してくれますから能率がよい。司会者が「訳語よりもイメージで」と言って番組開始。このスローガンが英語学習のすべてを語っています。

 今月のヒトコトはAre you with me?です。「言ってることわかってるの?」という意味で相手がちゃんと自分の話について来ているかを確認するためのフレーズです。会話だからこそ必要になる口語表現ですね。授業などで”Are you with me so far?” “No, I’m not with you.” 「ここまで私の言っていることがわかりますか」「いいえ、理解できません」というようなやり取りも想定されます(cf. 『ジーニアス英和大辞典』)。

 このフレーズは、withを訳語で考えると厄介なことになりますので、イメージで理解しましょう。何度も繰り返して発音練習していると、これがわかってくることでしょう。そうしたら次のヒトコト表現を覚えるのもより確実になっていくのではないでしょうか。10分間でワンフレーズをしっかり身に付ければ、英語力向上は間違いないので、後は実践です。そうです。Easier said than done. 「言うは易く行うは難し」ですね。

Comments are closed.