クレージー

リック・ブローダウェイ (訳: 水井 雅子)

 世の中は、「クレージー」という言葉に「いかれて」いますよ。

 この、一言のタイトルがついた、しかも有名な歌が 10 はあります。エアロスミスとかウィリー・ネルソンとかブリットニー・スピアーズとかの歌にもありますよね。それに更に1ダース以上も、歌のタイトルに登場しています。それだけではありません。映画データベイスのインターネットでキーワード検索をかけてみると、 394 もの映画がこの言葉「クレージー」をそのタイトルに使っています。 1980 年には、「神様はクレージーに違いない」などという南アフリカの映画もあります。それに、 250 万ものウェブサイトに出てきますし、 150 万もの URL にも顔を出しているんです。

 「クレージー」は、人々や物や土地などを表す普通の名前などより、もっと頻繁に、好んで使われている形容詞だということですね。例えば昔、ラコタ・インディアンには「クレージー・ホース」という名の酋長がいました。もし皆さんがお望みなら「クレージー・グリュ(接着剤)」と買うこともできるし、「クレージー・キルト(つぎはぎ細工、パッチワーク)」を作っても良いですよね。「クレージー・エイト」というトランプ遊び(鬼が 8 の規則)もあるし、クレージー・コーン(形の不揃いなとうもろこし)」を食べても良いわけだし、「クレージー・クリーク(うねうねと曲がりくねった小川)」をカヌーで下ってくるスポーツだってあります。「クレージーなこと」には切りがないように思われますが、それが正式には「気が狂った、頭がおかしい」を意味する言葉であるという事実を思うと、これは驚くべきことではありませんか。

 『アメリカ遺産辞典』には「クレージー」について、正式ではない意味が 4 つ出ています。

  • 熱中している、夢中である。
  • 半端でなく好きな、のぼせ上がっている
  • 没頭している、
  • 実際的ではない、普通ではない

 上に挙げた意味の一番目(熱中している、夢中な)は、こんな風に使われます。

  • The crowd at the game went crazy. 群集は試合に 我を忘れた
  • I go crazy in an amusement park. 遊園地では、 夢中に なっちゃいますね。
  • iPods are all the craze now.  いま、アイポッドが 大流行だ よ。

 二番目の意味では、「大好き」と言いたいときに英語学習者が良く使っています。

  • She's crazy about boys. 彼女は男の子たちに 大騒ぎする
  • I'm just crazy about ice cream! 私、今、アイスクリームに はまってる の。

 とはいうものの、「ロングマン大全」によると、ネイティヴ・スピーカー(母語として英語を話す人たち)には、むしろ否定的な使い方が多いようですよ。特に、他の人たちが全般的に好んでいるようなことに関して言うときに「余り好きじゃない」という意味で使うのですね。

  • I'm not crazy about steak. 私はステーキが 苦手です (あまり好きではありません) 。
  • I saw Lord of the Rings, but I wasn't crazy about it. 『指輪物語』を見たけど、私は 夢中にはなれない わ。

 三番目の意味で使うときは、誰かが何かに不自然なほど入れ込んでしまうとき、その興味に対して使います。この興味は「狂信的」という程ではないのですが、明らかに「取り付かれている」場合がそうです。しかし、この言葉が本来持つ否定的な意味(気違いとか異常とか)は、他の正式ではない意味(夢中だ、我を忘れる)があることで、和らげられています。

  • Eddie's crazy about computer games. エディーのコンピュータ・ゲームへの 熱中ぶり
  • My father is crazy about gardening. うちの父さんは、庭作りに 夢中さ

 四番目の意味は、「気が違った」という本来の意味に一番近いでしょう。「クレージー」が人ではなく、ある考えや行動計画などを表すのに使われるのであれば、正式の意味ではない、こちらの意味で使われることになります。

A: Let's take a shortcut across the railroad tracks.
B: That's crazy! We should cross at the bridge. 

A: 路を突っ切って近道して行こうよ。
B: むちゃくちゃだな!あの橋を渡ったほうが良いよ。

 「非常識な、ばかげている」という意味は、次の例文では「理解できない」とか「思いがけない」という意味を含むようになっていきます。

  • It's crazy how the weather changes so suddenly this year!
    今年は、こんなに天気が急に変わるんだから 途方もない よ。
  • It's crazy how often we have homework!
    こんなにしょっちゅう宿題があるんじゃ、 たまらない よ。

 実は「クレージー」には、現代英語で使われるもう一つの意味があると、私は思うのですが、それは、混乱して込み合った、何か忙しい状況を言うのに使われるようです。

  • The traffic is crazy at this hour.
    この時間、交通は クレージー (むちゃくちゃに混んでいる)さ。
  • The Christmas shopping season is always crazy.
    クリスマスの買い物の時期は、いつだって クレージー (異常なほど込み合っているので大変)ですよ。

 そして、あなた方がいぶかしがっているといけないから言いますが、上の写真の気が触れた男性は私ではありませんよ。私はそっちの方の「クレージー」ではないんですから。

Comments are closed.