“You did what?”は正しい英語表現ですか

“You did what?”は正しい英語表現ですか

ゴードン・ベイトソン (訳: 川畑 松晴)

 日本語で話すとき、「誰が?」とか「何を?」と尋ねることができますね。このような質問は短くしかも端的に何を尋ねているかが分かるのでとても便利です。では、英語ではこのような表現はどうなるのでしょうか。

 「誰が」を ”who?” 、「何を」を ”what?” と訳す生徒が時々いますが、それは「が」と「を」の意味を正しく伝えていないと思います。

 「何を?」と尋ねる時、あなたは相手が言ったことについて、動詞の目的語以外は全部分かっているということを示しています。これを英語に訳すためには ”What did you do?” のような長い表現を用いることもできますが、 ”You did what?” の方がもっと自然な言い方でしょう。

 この疑問文は、相手の言ったことはほとんど分かったが、聞き取れなかった箇所が一つだけあるということを示しています。また、短い疑問文の方が長い文よりは創りやすいはずです。たぶんそれで皆が短い文をよく使うのでしょう。

 ひょっとして皆さんは、上に挙げたような短い疑問文が文法的に正しくないということを気にしておられるかもしれません。たしかに、このような疑問文が使われるのは話す時だけで、書く場合には使ってはいけません、とくにレポート等の場合には。改まった書き言葉としてはたしかに文法的に正しくはないのですが、しかし一般的に広く用いられ、したがって会話においては「正しい」のです。

 よく聞き取れなかった僅かの情報をチェックするだけではなく、以下のように感嘆表現でも用いられます。
 

A: I won the English speech competition.
B: You did what?

すこし練習問題をやってみてください。 B があなたの役です。 A さんの言葉で、下線部が聞き取れなかった時、あなたは A さんにどのように言いますか。

A:I saw XXXX in Katamachi yesterday.
B:Sorry,

?

A:I’m going to XXXX this summer.
B:Sorry,

?

A: Look at that bird over there, by the XXXX
B:Sorry,

?

Comments are closed.