ヒトの知覚はすべて同じか

中崎 崇志

Cross-cultural stydies of behavior 今年の3月末に,学生時代からずっとお世話になっている先生が勤務先の大学を退職されることになり,研究室の片づけのお手伝いに行きました。その際,ここにある中から,本でも資料でも,好きなものを持っていってよい,とおっしゃられたので,いろいろと頂戴してきました。
 その中に,“Cross-cultulal studies of behavior ”という英語の本があります。日本語に訳すと『行動の異文化間研究』とでも呼べばいいでしょうか。だいぶ年季の入った本で,1970年に出版されたものでした。
 この本の第1章は『知覚の文化間比較』です。もっとも,30年以上前のことですから,現在のように広範囲に世界をまたいで研究できるわけもなく,かなり限られた範囲での比較になっています。
 取りあげられているのは,色の文化差(Ray, 1970)や幾何学的錯視の文化差(Segall et al., 1970)など,『異文化間比較』をキーワードに基本的な知覚を調べたものです。

 この本に頼るまでもなく,私たち自身が知っている知覚の文化差もあります。
 例えば擬音語。日本人には,イヌは「ワンワン」,ネコは「ニャーニャー」ですが,英語圏では,イヌは“bowwow”や“bou-wow”,ネコは“mew-mew”や“meow-meow”。ニワトリに至っては「コケコッコー」が“Cock-a-dodle-doo”です。これは,私たちが言語教育の中でそう教わっているからであって,アメリカに行ってイヌが吠えているのを聞いても,日本人には「ワンワン」と聞こえるはずですし,日本のイヌも,英語圏の人には“bou-wow”と吠えているはずです。
 耳に届く音声情報は同一でも,それを「聴く」過程で,知覚者の持つ文化的背景(この場合は言語と言語教育)が作用してその音声を命名するために,内容が変容するわけです。

 このように,私たちの知覚には,外部から入った情報を私たち自身で再構成する過程が含まれています。その再構成の過程で,さまざまな要因が入り込み,影響を与えます。幾何学的錯視やゲシュタルトの法則のように,刺激材料そのものに影響される場合もあれば,知覚者の経験や,それらの経験の集合とも言うべき文化的背景や社会的背景に影響される場合もあります。

 ジェローム・ブルーナーは,知覚者の社会的背景と知覚の関係を研究した研究者で,セシル・グッドマンとの共同研究が知られています(Bruner & Goodman, 1947)。
 彼らは,10歳の子どもを30人集め,木箱の中の光源の絞りを調節して,ふたの部分にさまざまな直径の円を投影できる装置を使い,1セント,5セント,10セント,25セント,50セントの5種類のコインを見せて,同じ大きさの円を作らせました。ただし,30人のうち10人は本物のコインではなく,コインと同じ大きさの灰色の円板を見せられました。

ブルーナーとグッドマン(1947)の実験結果 その結果,円板を見せられた子どもたちは,ほぼ正確に大きさを再現しましたが,本物のコインを見せられた子どもたちは,15〜30パーセントあまりも大きい円を作ったのです。実際よりもコインを過大視していたことになります(右のグラフ。クリックすると拡大表示します)。
 また,この実験で本物のコインを見せられた子どもは,実は,裕福な家庭の子どもと貧しい家庭の子ども,それぞれ10人ずつでした。この20人の結果を比べると,貧しい家庭の子どもたちの方が,コインをより大きく判断していることがわかりました(現代では,このような条件設定は差別に当たり,たとえ研究目的であっても,おこなうべきでないことに注意)。
 ブルーナーは,これらの結果から『知覚者にとって社会的に価値がある対象物は,知覚的に強調され,またその対象物への欲求が大きいほど強調も大きい』と主張しました。

 心理学のテーマの一つは,「共通する心の働きの一般法則を探求する」ことにあります。その一方で,個人差や性差,動物と動物の種差などもまた,研究の対象にします。人間の感覚器官はほとんど同じでも,そこから組み立てられる知覚には,文化的背景や社会的背景が強く影響しているのです。

 

参考資料

Bruner, J. S & Goodman, C. C. 1947 Value and Need as Organizing Factors in Perception.
 “Classics in the History of Psychology”というウェブサイト上で,Journal of Abnormal and Social Psychology 誌に掲載された論文の再録を読むことができます(全文英語)

Comments are closed.