大学生活を振り返って

新井 順二

 こんにちは! 国際文化学科4年の新井です。大学生活も早いもので、もう少しで卒業です。自分でもビックリするくらいに早くて、正直驚いています。この4年間は毎日のように部活がありましたが、今はそれもなく、念願の就職も決まり、今は残りの大学生活を精一杯楽しもうと頑張っています。

 私は大学4年間、硬式野球部のマネージャーと北陸大学野球連盟の委員長を務めていました。大学に入るまではずっと選手として野球を続けていたのですが、大学からはマネージャーという新しい立場で野球を続けることになりました。
 マネージャーというとお茶を作ったり、洗濯をしたりという事を思い浮かぶ人が多いと思いますが、大学のマネージャーはそうではなく、基本的にはチームの運営を任されます。
 例えば、遠征試合の対戦校と宿舎の手配。部費の管理。グラウンドの備品の管理等が仕事です。とは言っても、私が3年生になるまではマネージャーは自分だけだったので、かなり雑用的なこともしていました。今は、2年生の女子マネージャーが1人と1年生の男子マネージャーが2人いて、以前よりもかなり良い状態になっています。それまでは、ほぼ全部のことを自分1人でやらないといけなかったので、ひどい時は朝7時に起きて夜23時過ぎに帰るということもありました。
 正直辞めようと思ったことは何度もあります。マネージャーとしての信用が無く、部員に指示を出しても応えてもらえず孤独を味わいました。それでも私が4年間無事に野球を続けることが出来たのは私を支えてくれた友達がいたからです。

 ここで、少し、北陸大学野球連盟について紹介します。北陸大学野球連盟リーグ戦は春と秋の2回行われ、本学野球部が所属する1部リーグは、本学の他、福井工業大学、富山国際大学、高岡法科大学、金沢星稜大学、北陸大学で構成されています。これまでに本学野球部は春、秋1度ずつ全国大会に出場しました。
 私はその内、春の大会で派遣役員として全国大会の運営に携わりました。私は、この大会で全国の強豪大学のマネージャーと一緒に運営に参加することができ、その過程で、強いチームのマネージャーは「おごらない」ということを知り、また敬語の使い方を学ぶことが出来ました。多くの大学のマネージャーと大会運営をしたことで自分の内に自信のようなものが芽生えました。

 実家が東京なので、就職は、東京でする事しか考えていませんでした。運の良い事に1社目でクイーンズ伊勢丹という会社から内定を貰うことができました。この会社は、伊勢丹グループの食品スーパーです。自分はこの会社に入社出来たことを誇りに思います。入社してからも今までの経験や知識を生かして、少しでも早く仕事が出来るようになって、会社の戦力になれるように頑張りたい。

 「大学に入ってまで部活やサークルをする意味が無い」という人もいますか? 私は、それは間違いだと思う。大学は挑戦の場であるのだから今までやった事のない世界に飛び込むほうが良い。その中から様々な影響を受けて成長していくと思う。
 私は大学の部活を通して様々なことを学ぶことが出来ました。本当の友達も出来たし、自分の中で達成感もあります。辛いことも多かったが、今はやってよかったと思っています。

 その場かぎりではなく先を見ることは非常に重要です。面倒くさい事から逃げることや、自分に都合よくとりつくろう事は誰だって出来る。しかし、それでは何年か先の自分の成長は無いと思う。学生生活は短いが、次のステップにつながるように頑張りたいものです。
 4年間は思った以上に早いです。楽をしても苦労をしても時間は同じように流れる事を忘れないでおきましょう。

Comments are closed.