#3 2006年

沖野 大輔

 留学生活が3ヶ月経ったとともに、2007年を迎えることになりました。あけましておめでとうございます。

 2006年前期は大学で英語、教育、一般教養を身に付ける授業を主に履修しました。夏には槻木学科長の引率の下、海外研修に参加し、オーストラリアへ行きました。私大であるボンド大学付属のBUELIで2週間英語を勉強しました。国際文化学科から4名、日本文学科から1名、短期学部から3名という小規模の参加でしたがとても有意義であり、イギリス留学を控えている僕にとっては本当に参考になるものでした。オーストラリアが僕の最初の海外旅行となったのですが、研修先にはアジア系の人たちが中心で、英語のレベルは全体的に似たり寄ったりといった感じに思えました。しかし、授業は今までの英語をさらに洗練できるものであり、多少ながらに会話する力もつけられました。国内もほとんど回ったことのない僕にとっては海外は新鮮で、常に何かに魅せられていた気がします。出会ったオーストラリア人たちは暖かく、行って本当に良かったと思います。長期的に勉強するには日本人が少し多いためあまり良くはないかもしれませんが、3ヶ月間前後までの語学留学なら差し支えはないと思います。帰る際、参加した8人が確実に成長しているのが感じられました。

 この研修から帰国し、2週間程度日本で準備をしてから9月30日に成田からイギリスへ行きました。8月から準備期間があまりない中で半年の留学に関することを決めたという強行日程であったこともあり、飛行機の中では人生で初めての長期に渡る自分1人の生活となることへの不安が多かったのは事実です。しかし、ヒースロー空港へ到着し、イギリスに入国してホストファミリーと会い、入校が無事に済んだ段階でほとんど解消されました。入校時のテストでは10段階の内4.5と評価されて5のクラスへ入りました。後で実質のクラスの最高レベルは7か8くらいだということを知りました。10のクラスまで残って勉強する人がいないからだそうです。3週間後、会話力を上げることを優先するために4のクラスへ変えました。新しいクラスへ入って数週間は依然として会話力が上がってないように感じましたが、12月に入ったときには自分でも実感できるくらいに会話のキャッチボールができるようになっていました。課題は語彙力の強化と分かっていたのですが、なかなかすぐに身に付くものではなく、苦労し続けて今に至ります。会話は自分から話しかけたり、常に文法に気を付けながら上達させているつもりなのですが、話す量と比例してうまくなっていくと思います。聞くことはTVやラジオ、電車の中や道端、などで鍛えられますが、話すとなると少し違います。僕の場合は人と話すのがあまり得意でないので、普段から「今考えていることを英語で言うとどうなるのだろう」と考えたりしています。

 来週から新しい学期となります。どれくらいの新しい生徒が入ってくるのかは分かりませんが、周りに負けないように必死に勉強したいと思います。そして、帰国した時に充実していたと思えるようにしたいです。来年度はいよいよ教員採用試験に向けた勉強を本格的に始める年です。英語の会話力はこちらで十分に実力をつけようと思います。

沖野君のブログ“London Life”は、こちら

Comments are closed.