心理学特殊講義

木場 深志

心理学特殊講義の教材

 特殊講義って、何が「特殊」なんだ?と思われるかも知れません。大学のカリキュラムではごくふつうに使われるコトバなのですが、一般には馴染みのうすいコトバでしょう。講義には「概論」と「特殊講義」があります。たとえば、「心理学概論」といえば、心理学全体について大まかに理解できるように講義をするもので、「心理学特殊講義」といえば、心理学の中のある一つのテーマを選んで、詳しく講義するものです。本でいえば、その本全体についての講義が概論で、目次にある項目の中の一つだけについて講義するのが特殊講義だと思えばいいでしょう。目次の中のどのテーマになるかは担当する教員の専門によって決まり、どの程度細かいテーマにするかは、その講義以外の心理学関係のカリキュラムとの関係で決められます。

 今学期の心理学特殊講義のテーマは「臨床心理学」です。臨床心理学とは、教科書的に定義すれば、「心理的に不適応な面や問題行動を持つ人を、より健康な方向に導くことを目的として、心理学および関連諸科学の知見と方法を用いて専門的援助を行う応用心理学の一分野である」といえます。
 今学期の講義に含まれる内容は以下の通りです。

  1. 臨床心理学とは何か
  2. 心理アセスメント(行動観察、面接、心理検査)
  3. 異常心理学(精神障害の理解とその治療)
  4. 人生の危機への介入法(PTSD、自殺、不登校などの理解とその援助)
  5. 発達障害へのアプローチ(知的障害、学習障害などの理解とその援助)
  6. フロイトとユングの心理学(無意識の世界を仮定する心理療法)
  7. 来談者中心療法(「意識されている自分」を中心にしたカウンセリング)
  8. 行動論的アプローチ(条件づけの理論による心理療法)
  9. 表現療法へのアプローチ(絵画、箱庭などによる自己表現を利用する心理療法)
  10. 集団へのアプローチ(集団の成員どうしの相互作用を利用する心理療法)
  11. 地域社会へのアプローチと予防

 特殊講義ですから、この中の一つのテーマだけ、あるいはそのテーマの中のさらに細かい部分だけに絞って講義するという方法もあるのですが、今回は、まず臨床心理学の全体像を知ってもらおうと考えて、いわば臨床心理学「概論」に近い内容にしました。まずは観光バスでざっと名所巡りをし、あと、それぞれ気に入ったところは各自じっくり見てもらおうという作戦です。
 授業では、まずその回のテーマについてのビデオ(30分程度)を見てもらい、その後で、ビデオではわかりづらいところや要点を説明する、という形をとっています。上記?の講義まで終えたところで、受講している学生に感想を書いてもらいましたので、その一部を紹介します。

・実際にカウンセリングをやっているところをビデオで見ることができて、とてもわかりやすいです。暗いので眠くなることもありますが……カウンセリングにはいろいろな方法があるんだなと思いました。
・いろんな分野を毎回一つずつ取り上げて授業を進めるので、多くのことを学べるような気がしていい。その中から自分が関心を持った分野をさらに詳しく学ぶきっかけになりそう。
・いろいろな角度から心理学を見られておもしろいです。この先、子どもの心理について学んでみたいです。
・私は意識や無意識に関する所に興味があるのでできたらもう少し詳しく知りたいと思った。
・これからの希望は、いろんな心理療法について学んでいきたい。

写真は「9.表現療法」のビデオの中のカットです。雑誌の写真や絵を自由に切り取って画用紙に貼り付ける「コラージュ療法」と呼ばれる心理療法の作例です。不登校の子どもへの対応に悩む母親の作品ですが、最後の作品の方が初期のものにくらべてずっと柔らかい印象になっていることがわかるでしょう。

参考:この授業で使用しているビデオは、松原達哉監修「ビジュアル臨床心理学入門」(企画・制作・発売 サン・エデュケーショナル)全20巻のうち1〜10です。

Comments are closed.