英米文学演習?:イギリス小説に親しもう

木梨 由利


 3、4年生を対象に通年の授業として開講されているこのクラスの目的は大きくわけて二つあります。一つは英文を読む力を伸ばす事、もう一つは英米文学に少しでも親しむことです。用いるテキストは、長編小説(或いはその抜粋)だったり、短編小説だったり、文学評論だったり、年度によって異なっていますが、今年度は、イギリスの作品やその作家について書かれた英文を読んでいます。取り上げられている作品は有名なものばかりですが、古典といわれる作品に加えて、コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者)やアガサ・クリスティ(エルキュール・ポアロやミス・マープルなどで有名)の作品など、純文学としてというよりも、娯楽作品として親しまれているものも含まれています。

 授業の内容・方法は、というと、「英語を正確に読む訓練をする」という観点から、前期は訳読中心で、文面からだけではわかりにくいことは概ね教師が説明し、時に解説用ビデオや作品を映像化したビデオを鑑賞するなどというものでした。どちらかというと教師主導型でしたが、後期は、テキストの形式にもなれたところで、受講生の皆さんに主導権を握ってもらうことにしました。誰がどの部分を分担するのか、英文を解説するにしても、どういう風に表現したらいいのか、説明をわかりやすくするためにハンドアウトを配るとしたら、どこから材料を取ってきて、紙面にどのように配置したらいいのかなど、まず自分たち自身で考えてもらおうと思っています。プレゼンテーションの能力が重視されるようになってきている時代です。英文の読み方ばかりではなく、その種の技術を磨く機会にもなって欲しいと思います。先日の授業では、早速、文章と写真が美しく組み合わされた、わかりやすいハンドアウトが配布されました。

 この科目は国際文化学科の専門科目で、現在受講人数が3年生のみ8人という小さいクラスなので、すぐにレポーターの順番が回ってくることになり、そういう意味での大変さはあると思いますが、反面、気心の知れたもの同士、質問など気軽に口にしやすいという利点があります。

 読書以外の娯楽や刺激が多い現代、ゆっくり小説を読む機会は年々減ってきているのが現状だと思いますが、読書は最も手軽な娯楽の一つで、時には格好のストレス解消の手段にもなり得ると思います。受講者の皆さんに、小説を読む楽しさを少しでもわかっていただきたいな、と思いつつ授業に臨んでいます。

受講生のコメント

井口 英治

 この授業は、英米文学を学びます。授業をしながら作者の事や、物語がすごくわかって楽しいです。いろんな物語があって、おもしろいです。この授業で英米文学が好きになりました。

大岸 将幸

 この授業を前期も受けたけど、他の授業と少し違う感じだった。歴史的な事や本の舞台の場所を写したビデを見たり、本が好きな人には最高の授業だと思う。後期も楽しみな授業だ。

角田 学

 この授業はわかりやすく、くわしく教えて頂けるので履修してよかったです。人数も少ないので、集中して、授業を受けることが出来ると思います。

紙谷 松美

 この授業ではイギリスの小説についての作品紹介や、その作品が書かれた時代背景などについての、すべて英語で書かれたテキストを訳していきます。

 みんなが知っているフランケンシュタインやクリスマスキャロルなどをこれまで習いました。ときどきビデオで作品をみたりと、楽しくやっています。

 ちなみにフランケンシュタインはあの怪物ではなく、その怪物をつくった人のことを指しているのを知っていましたか?

北野 倫子

 この授業は主に、イギリス文学について学ぶ授業です。1つの作品をテーマとして、簡単な作者の生い立ちなどから始まり、そこからどのような経緯を経てその物語が生み出されたのかを、作品の内容を交えて簡単な英語で綴られた本を用います。文を訳しつつ読んでいくうちに、新たに気に入った物語を見つけることもあります。映画で有名な『ロミオとジュリエット』から、ディズニーの映画でも有名な『不思議の国のアリス』など、誰もが知っている話もたくさんあります。生徒の意見を尊重してもらえる面白い授業です。ぜひとも受けてほしい授業だと思っています。

黒田 由香

 この授業では有名なイギリスの文学作品の大要やその作品の作者についての英文を読みながら学んでいます。私はこれまで作品について読むことはあっても、作者に関してはあまり知る機会がなかったのでとても勉強になります。また少人数での授業なのでわからないところがあったらすぐ先生に聞くことができます。いろいろな作品を読むことができるので毎回とても楽しいです。

永田 裕樹

 この授業は英米文学を学びます。最初は興味がなかったが、木梨先生の説明がわかりやすいのと、楽しく進められるので、とても英米文学が好きになりました。知らない物語もあるけれど、見たことのある物語をやる時はとても楽しいです。この授業を受けてほんとよかったです。

三原 正成

 この授業は英語の一文一文を説明してくれるのでとても分かりやすい。そして少数なので分からない時も気軽に質問できるので安心して授業を受けることができると思います。



Comments are closed.