現代英語研究?

リック ブローダウェイ (訳: 新村 知子)


 この選択科目は、私が最も好きな科目の一つです。教え始めて四年たちますが、毎年少しずつ授業内容を改良してきています。授業は、インターネットに接続されたパソコンが25台装備された2号館のマルチメディア室2で行われています。

 この授業は、インターネット上で英語を使うことによって英語を覚えようという非常に簡単な考え方に基づいてできています。学生たちは、他のクラスメートだけでなく、世界中の英語学習者を含むオンライン共同体の一員になります。ここでは、現実の問題について、現実の人々とコミュニケーションを取るために英語を使う機会がたくさんあります。

 このオンライン共同体は、Yahooによって提供されています。Yahoo Japan ではなく、Yahoo USAです。つまり、学生たちは完全な英語環境でインターネットを利用する方法を学ばなければならないのです。最初は、少し負担に思うかもしれませんが、ほとんどの学生は慣れていきます。この意味においては、この科目は留学やホームステイと似ています。最初のカルチャーショックが過ぎれば、この新しい環境が心地よく思えてくるのです。

 前期には、学生たちは時間を掛けて、My Yahoo, Yahoo Mail, Yahoo Calendar, Yahoo Profile, Yahoo Groupsなど、色々なYahooの特徴に慣れていきます。メールを送ったり、返事を書いたりする練習もします。自分のカレンダーやプロフィールを運営する練習もします。掲示板やチャットに参加する練習もします。前期には学ぶことは多いですが、いったん必要な技能を学んでしまうと、2学期目は非常に楽です。

 後期は、Yahooを使って、アメリカへ2週間の想像上の旅に出ます。学生たちには、本当に旅行しているように想像してみるように指示します。最初は、どこへ行って何を見たらいいのか、ほとんどの学生たちには想像もつきません。が、数週間目的地を調査するうちに、学生たちは、ワクワクしてくるようです。いろいろなホームページを調べることにより、訪問できる面白い場所をすべて見ることができます。学生たちが新しい発見をしているときの彼らの表情を見るのが、私は大好きです。

 学生たちは、旅行の日程を作るのにYahoo Calendarを使います。Yahoo Mapsを使って、移動時間を計算もします。Yahoo Travelを使って、交通手段やホテルも調べます。Yahooの旅行のオススメにしたがって、人気のある観光地に行く学生もいます。しかし、自分だけの冒険をするために、知られていない土地に行こうとする学生もいます。私は、学生たちに冒険をして、ほとんどの日本人が知らないような情報をインターネットで手に入れるようにと勧めています。

 旅行日程が決まったら、インターネット上で公開するので、他の学生たちはそれを見て、自分の日程と比較することができます。

 この授業の素晴らしいところは、授業が終わらないということです。多くの卒業生が、私がこのクラスのために作ったYahoo groupを続けて訪れています。あなたもここをクリックすれば、訪問することができますよ。オンライン上でお会いしましょう!

Comments are closed.