公開講座が開催されました

 7月3日(日)に,今年度の国際文化学科の公開講座「映画と文化」が開催されました。

 益子待也・基礎教育機構教授は,「アメリカ映画における〈文化的他者〉の表象について」と題して,アメリカ映画において,インディアンやイヌイット(ネイティブ・アメリカン)などの〈文化的他者〉がどのように描かれてきたかを,実際に作品の一部を示しながら講演しました。

 リック・ブローダウェイ・国際文化学科准教授は,「50年後に観る『アラバマ物語』」と題して,『アラバマ物語』における人物描写や,その背景にある当時のアメリカ社会の世相について解説しました。

 多数の御参加,ありがとうございました。

 

(※クリックすると拡大できます)

益子教授の講義

益子教授の講義

ブローダウェイ准教授の講義

ブローダウェイ准教授の講義

Comments are closed.