迷路の先にみえたもの ―『エマ』― 【語学と文学】

木梨 由利

 もう10年ほど前にもこのサイトでジェイン・オースティン(1775-1817)のPride and Prejudice(1813, 邦訳『高慢と偏見』など)をご紹介したことがあります。オースティンが亡くなってからはや二百年近くが経とうとしていますが、2006年には日本でも「日本オースティン協会」が創設されるなど、本国イギリスでも諸外国でもオースティン人気は衰えるどころか、ますます高まっているように思えます。今回は、彼女のもう一つの傑作、Emma(1816, 邦訳『エマ』)をご紹介いたしましょう。

 ウッドハウス家の二女、エマは21歳。美しく、才気煥発で、家柄や財産にも恵まれて、ハイベリーの村では肩を並べるもののない女王様のような存在です。母はエマが幼いころに亡くなり、姉は嫁ぎ、健康を気遣うあまり少々面白みには欠けるものの穏やかで優しい父との二人暮らしという生活で、彼女は自由にのびやかにふるまっています。
 ただ、彼女のよき友人で相談相手でもあった家庭教師のテイラー嬢が、ウェストン氏と結婚してウッドハウス家を出た今、いささか侘しい思いにとらわれてもいます。結婚式の後ほどなく、近所の学校に特別寄宿生として寄宿しているハリエット・スミスを紹介された時、エマがハリエットをたちまち気にいるのは自然な流れとも言えましょう。エマ好みの美しさを備えていて、素直で気立てのいい17歳の少女は、私生児で、すでに母もいませんが、どこかの貴族の娘ではないかとの推測もあり、エマは、ハリエットを教育していい縁組をさせようともくろむのです。エマは、テイラー嬢をウェストン氏に引き合わせたのは自分だと思い、自分には縁結びの才能があると自負しているからです。
 そして、ハリエットに、農夫のマーティン氏からの求婚を断らせ、青年牧師、エルトン師と結び合わせようとします。エマの姉の義兄にあたり、エマ自身の親しい友人でもある地主のジョージ・ナイトリー氏は、ハリエットの人生に介入しようとするエマに強く反対しますが、エマは聞く耳を持ちません。エルトン師がたびたびウッドハウス家を訪れ、エマが描いたハリエッとの肖像を絶賛し、いそいそと額縁を買ってくる姿を見て、エマは、エルトン師もハリエットのことが好きなのだと、成功を確信します。

 そして、姉夫婦も里帰りをしているクリスマスシーズン。ウェストン夫妻が催すディナー・パーティに、エマたち家族と共に、エルトン師とハリエットも招かれます。ところが、ハリエットが風邪でパーティに出られなくなったと知っても、エルトン師がそれほど残念そうな様子もみせないことをエマは不審に思います。そして、あろうことか、たまたま二人きりになってしまった帰路の馬車の中で、エルトン師の口から出てきたのは、エマ自身に対する熱い告白の言葉だったのです。彼が好きなのはハリエッとではなく、エマ自身であったことをようやく理解したエマは大いに動揺し、またハリエットを不必要に傷つけたことを後悔します。
 そんな折、年取った母と二人でつつましい暮らしをしているミス・ベイツの姪の、ジェイン・フェアファックスが里帰りをしてきます。孤児であるため、父の友人の手で育てられましたが、エマとほぼ同年齢の優雅な美人です。住込みの家庭教師として自立ができるように教育されて来たので、教養・才芸においてもエマにひけをとりません。いわば、エマのライバルになり得る娘が出現したわけです。エマはジェインの打ち解けない態度も気に入らず、村に帰ってくる前の生活について、あらぬ憶測をしたりします。
 さらにまた、ウェストン氏の先妻の息子で、伯母夫妻に養育されていたフランク・チャーチルが、父の再婚を祝うために訪問してきて、村はますます賑やかになります。フランクはエマを好きなのではないかと思われる節もあり……。

 粗筋をあまり詳しく書くと、面白さがなくなりますので、あとは、読んでのお楽しみといたしましょう。他人の恋愛に関わって回り道をしたあげくに、エマが自分自身の気持ちに気づいていくことだけはここで明かしておきますが。

 エマは、作者のオースティン自身が、「私しか好きにならないかも知れない」と評した主人公です。実際、エマは自分の思い込みや勘違いによって、ハリエットのみならず、周囲の人をたくさん傷つけます。ジェインの過去について、意地悪な想像をしたり、ミス・ベイツの退屈な話ぶりをあてこすって、ナイトリー氏に諌められたりもしています。エルトン師が自分に求愛したことに怒りを覚えるなど、上流階級に特有のプライドも顕著です。
 それでも、階級意識を持つのは、この時代のイギリスであれば、決して特殊なことではありませんし、エマの間違いだらけの考えや行動も、大多数の読者にとって、笑いの種にこそなれ、不快を覚えさせるものにはならないでしょう。それは、エマが、本質的に意地悪な人間ではないし、また誤った行動をしたと理解したときは、深く反省し、謝罪することができるからでしょう。時には涙を流すほど自分の行動を恥じ、エマは成長していきます。『エマ』は、お嬢様育ちだった少女が、現実を見据えることができる一人前の女性に成長していく過程を描いた小説と言えます。

 さて、ここで、作家の手法について一言触れておく必要がありましょう。作家は、三人称の語り手の視点で、物語を淡々と進めていきます。時々エマの心の中には入り込むものの、周囲の人物の考えまで読者に明らかにすることはありません。それでも、彼らの会話から、物事の真実は読み取ることができます。たとえば、ハリエットが、エマにけしかけられて一旦はエルトン師との結婚を望んだとしても、本当に好きなのは農夫のマーティン氏であることや、エルトン師が見ているのが最初からエマ本人であることとは、登場人物の言動の端々に早い時期から表れているのです。ですから読者は、『エマ』を初めて読むとき、複雑に構築されたプロットの展開そのものを楽しみ、2回目は、作者がさまざまに張り巡らせた伏線を楽しむことができるでしょう。そして、3回目、4回目には、まだまだ、周囲の登場人物の胸中までしっかりとらえ切れていなかったことに気づくかもしれません。
 『エマ』は、人間の普遍的な感情を描いていて、200年たっても読者の共感を呼びうる作品です。そして、エマや彼女が大切に思う人たちは、読めば読むほど親近感を抱かせる人々なのです。

 ちなみに、『恋に落ちたシェイクスピア』でアカデミー主演女優賞を獲得したグウィネス・パルトローが主演した同名の映画も、登場人物や物語の時代を丁寧に描いていて、大いに楽しませてくれるでしょう。

テキスト

原作:Jane Austen, Emma (1917).(Oxford UP など、出版社多数)
翻訳:ジェイン・オースティン(著)中野 康司(訳)『エマ』(ちくま文庫、2005).
   ジェイン・オースティン(著)阿部 知二(訳)『エマ』(中公文庫、2006)他.

Comments are closed.