2つのコースで学ぶコミュニケーション ―「英語コース」と「心理学コース」―

英語コース

  • 生きた英語を学び、英語によるコミュニケーション能力を身に付けた上で英語文化を研究します。
  • インターネットを使った英語の授業を通じて、世界に情報を発信する力を養います。
  • 異文化間のコミュニケーションを学び、海外研修やアジア・フォーラム、ジャパンテントの催し等、実践の場に参加します。
  • 全学部の学生を対象にした派遣留学制度に、英語科教員志望者を対象にした制度を加え、年間6~7名の留学生を派遣します。
  • 帰国後も特別授業で英検準1級の取得を目指します。

 

心理学コース

  • 基礎心理学、発達心理学、臨床心理学の心理学3分野を中心に社会学、文化人類学、思想などの諸科目を配置しています。
  • 人間の行動や、その背景にある心理の研究を上記の学問とともに進め、科学的視点からのコミュニケーション研究を目指します。
  • 心理学関連の専門職を将来の職と考え、人間の行動や社会に関する広い視野を養おうとする人に適したコースです。
  • 心理学以外の人間・文化の諸学を専攻することができ、関心の高まりに応じて英語の勉強もできます。