英語力を高め、「人」とコミュニケーションを幅広く学ぶ

 「グローバル化」という語が定着し、「資格」を持つことが求められる現代。「英語に堪能でありたい」と願う人は少なくないことでしょう。
 「国際文化学科」の「英語コース」は、そんな願いを叶えるお手伝いをします。いわゆる「使える英語」を学び、将来に備えるばかりでなく、英語学や英米文学を専門的に研究することもできます。また、派遣留学制度を利用して、海外に羽ばたく機会もあります。
 本学科のもう一つのコースは「心理学コース」です。一見無縁の二つのコースですが、共通するキーワードは「コミュニケーション」と「人間」です。英語は言葉を介したコミュニケーションによって人間理解を試み、心理学は、科学的なデータの分析に基づいて人間を理解しようとする学問です。実験心理学、発達心理学、臨床心理学のいずれの分野も学ぶことができ、心理カウンセラーなどになるために大学院に進学する道も開けています。また、社会学、哲学、文化人類学などの「人間科学」は広く「人間」を研究するための視点を養ってくれるでしょう。
 「人」に興味があり、「人の輪」を広げたいと思っているあなたが、「人」を研究し、「人」とつながる手段を得ることができるように、国際文化学科ではきめ細かにサポートしていきます。

国際文化学科長  木梨 由利