国際文化学科のカリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
コース
共通
社会コミュニケーション論
(複数の教員が、リレー形式で人文学の基礎を講義する)
イングリッシュコミュニケーションⅠ・Ⅱ
(多様な教材で英語を学習)
海外演習
(夏休みに2週間海外で英語研修)
専門科目が本格的に開講 

イングリッシュコミュニケーションⅢ
英語特殊研究
(英語技能の向上を目指す)
派遣留学生の選抜試験
英検・TOEICに挑戦し資格取得
演習を選択し、本格的な研究へ 

情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
(コンピュータの操作に習熟する)
文書情報処理Ⅰ・Ⅱ
(情報科学の見地から文書を分析)
英語科教育法
(英語を教える理論・技術を学ぶ)
大学での研究の集大成として、各自のテーマに真摯に取り組む 

卒業研究
(卒業研究は就職活動の際の名刺代わり 努力を惜しまず取り組む)
英語
コース
「使える英語」を集中的に学習し、実力向上 

日本語表現法演習Ⅰ
(スピーチ、ディベート等会話表現の実践)
多角的に英語を学び、検定試験にも次々挑戦 

英語学概論 英米文学講読Ⅰ
現代英語研究Ⅰ
(英字新聞や映画を題材に生の英語に触れる)
ワールドイングリッシズ
英語を媒体とした文化を学び、広い視野を養う 

英米文学演習Ⅰ
(英米文学の名作に触れる)
現代英語研究Ⅱ
(基礎英文法を復習しながら英作文練習をする)
卒業研究のテーマに合わせ、演習、講読などを追加して履修 

英米文学演習Ⅱ
英語学演習Ⅱ
(英語表現について学ぶ)
心理学
コース
基礎演習を中心に英語も教養も意欲的に履修 

文学、自然科学などの教養科目
英語科目・第二外国語
行動文化基礎演習
(幅広い知的関心を養う)
英語検定に挑戦
心理学研究の基礎を学ぶ―適性と意欲を問う学年 

心理学初級実験
(実験を実施し、心理学の研究方法の 基礎を学ぶ)
心理学研究法
(心理学で扱う統計の基礎)
人間行動を様々な視点から探求 

心理学・社会学・思想・文化人類学など、6つの人文系演習科目から複数の科目を履修
心理検査法
(心理検査の理論や技法を学ぶ)
卒業研究のテーマに合わせ、演習を追加して履修 

心理学特殊講義
(心理学の各分野から専門的テーマを学ぶ)
心理学実習
(カウンセリングの理論や技法を学ぶ)
※ 文学部共通科目として、日本文学史(1年)児童文学(2年)、言語学概論などがあります。
※ 違うコースの科目を履修する事も可能です。また、どちらのコースに所属していても、資格は取得できます。