合格者の皆様へ

メディアデザイン学科
教職員在学生一同
メディアデザイン学科に合格された受験生の皆様へ、お祝いを申し上げるとともに学科の紹介を致します。先輩たちも皆さんの入学を楽しみしています。
まず、3つのコースの紹介を致します。

ビジュアルデザインコース

デザイン演習における合評会の様子


ビジュアルデザインコースでは、ビジュアルデザインの基礎から応用まで、幅広く情報伝達のためのデザイン表現を学びます。デッサン、タイポグラフィ、色彩、イラストレーションなど造形基礎からポスター、パンフレット、新聞広告などの広告デザインはCI(コーポレートアイデンティティ)計画を修得し、もちろん、アニメーションのためのキャラクター・漫画など、多様なデザイン表現のための「色彩、造形、言葉。音楽、動き」をいかにコーディネートして、思いを伝えるかを研究します。現代社会では、平面デザインだけでなく、立体空間デザインや動きのあるメディアにも多様な手法を求めています。そのため演習をとおして基礎知識から理論構築まで、楽しく学べるカリキュラムが用意されています。

映像メディアコース

映像制作実習の様子


映像メディアコースでは、インターネット等の新しいメディアの台頭によって、映像表現の場はますます拡がりつつあります。また、映像機材やソフトウェアも高性能、低価格化がすすみ、プロ以外にも映像制作が身近になってきています。このような中、映像メディアコースではビデオカメラによる実写映像はもちろん、アニメーション、3DCGなど多彩な映像表現において企画から制作まで幅広いカリキュラムが用意されています。実社会における映像制作経験の豊富な講師陣が、就職の即戦力となる人材育成を目指し指導にあたります。卒業後は、映像プロダクション、アニメーション作家、企業の広報部門などへ多くの学生が就職していきます。

情報メディアコース

ゲームデザイン演習における自作ゲーム発表の様子


情報メディアコースについて説明します。
皆さんは、様々なホームページを見ているときに、画面をクリックするとキャラクターなどが面白い反応をしてくれるものに魅力を感じたことはありませんか。また、ゲーム機で遊んでいるときに自分もこんなゲーム作れたらいいなと思ったことはありませんか。
このようなシステムを作るためにはプログラミングというコンピュータへの命令を作る必要があります。
情報メディアコースでは、様々なWeb、ゲームなどコンピュータを用いたシステムを機能面から理解し、自分の手で作品に仕上げていく授業が用意されています。グラフィックデザインの作成はもちろんのことプログラミング能力の習得が出来るのもこのコースの魅力です。

学外活動(オフィースアート)

金沢共栄火災ビルのウィンドウ展示


最後に、学外活動の一例としてオフィースアートを紹介します。街中の賑わい創出の一環として実施されているイベントで、金沢のオフィース街のショーウィンドウに学生の作品を展示するものです。2010年度はメディアデザイン学科の学生8名が入選し、10月から11月にかけての1ヶ月間展示され市民の目を楽しませました。また、今回は2作品が、商工会長賞、まちづくり協議会長賞を受賞し、オフィースアート終了後も引き続き展示されました。

卒業生との交流

卒業生 福田美由紀さんを囲む在学生


企業の第一線またはクリエータとして活躍している卒業生を招き、作品制作の極意や制作手法、社会に出ていくための心得などを直接手ほどきしてもらう機会を設けています。
以下の写真は、現在、福田美由紀さんと在学たちの座談会の様子です。
福田美由紀さんは、学生時代からデジスタなどで作品が評価され現在クリエータとして活躍中です。「福田美由紀」で是非検索してみて下さい。沢山の記事が出てくるはずです。

福田美由紀さん

Comments are closed.