越田研究室ってどんなところ?

研究テーマ

主に映像メディア(TV、ネット映像、映画、アニメ)とWebの領域を扱います。付随する領域として映像メディア、Webメディアを使ったSP(セールス・プロモーション)、クロスメディア・マーケティング、Webアプリケーションシステム開発などが上げられます。

    担当講座
  • Web基礎、Webデザイン
  • 情報学概論、情報検索
  • 映像論、映像設計
  • アニメーション演習、ムービータイポグラフィなど
  • 越 田 の 来 歴

    H22年度メディアデザイン学科着任。丁度「情報デザイン学科」から「メディアデザイン学科」に名称変更になった年です。
    私は20年間実社会で映像制作、Webシステム開発をやっていました。インターネットに初めて触れたとき(90年代初め)、当時はTVCMや番組を作っていたのですが、Webはブロードキャストという一方的な情報の流れに双方向性を加えられる画期的な技術だと確信しました。携帯電話や地デジのデータ放送を使って視聴者が番組に参加できるシステムの開発を手がけ、今でも全国の放送局で稼働しているはずです。

    もともとアカデミックな人間ではありませんが、学生諸君に教えられることは、この時の経験とそこから導かれた理論が元になっています。

    ゼミの指導方針は?

    理論=<実践、質=<量です。まずは撮ってみる(撮影)、つないでみる(編集)、書いてみる(コード)ことをやってほしい。アイディアを出すときも素晴らしいものを一つ出すよりは、くだらないものがあってもいいから10の着想を持って欲しいと思います。

    ゼミ生には3年生の早い段階で、卒業研究のテーマを決めてもらいます。特に映像をテーマとする場合は、構想からリサーチ、撮影、編集と長いスパンが必要です。就活と研究の両立はたいへんですから、早めに卒業研究に着手するよう指導しています。
    それ以外は基本的に放し飼いですw。

      研究室配属学生
    • H22年度 4年生2名、3年生2名(女子4)
    • H23年度 4年生4名、3年生5名(男子3,女子6)

    プライベート

    Jazzとお酒をこよなく愛し、研究室ではよくJazzが流れています。お酒?研究室では飲みませんよモチロン。
    Bill Evans, Stan Getz, Kenny Dorham, Keith Jarrette, Brad Mehldau,などが好みです。

    課外ではDTM研究サークルの顧問のようなものを強要されており、学生に初音ミクの調教やコード理論などを教えています。
    学生の中には越田はアニオタ、ミクオタだと勘違いしている人がいますが、これは研究テーマとして必要にかられて関わっているのです。
    か、勘違いしないでよね!

    Comments are closed.