心の中の絵模様を、新しいデザインにしよう

学科長写真

学科長 飯田 栄治

現代社会においては、政治、経済はもとよりあらゆる分野で 情報をいち早く正確に効果的に伝えることが必要とされています。 そのためには、メディアの性質についてよく理解することと同時に、 人の心に感銘を与えるコンテンツ制作能力も要求されます。

メディアデザイン学科では、美術系学部にありながら、 情報技術教育も充実しており、グラフィックデザイン、映像制作、 Web制作、ゲーム制作、体験型アート作品などについて幅広く学ぶことができます。 これまで、2010年3月まで情報デザイン学科として歩んできた10年間の 教育の成果として、デザイン業界やIT企業、あるいは、 アニメーションや映像制作プロダクション、 その他多岐にわたる分野に、多くの人材を 送り出してきました。

今年度より、プロデュース能力養成のためのカリキュラムを一層充実し、 メディアデザイン学科として新たなスタートをきります。 教員一同、夢のある若人を待っています。

【学科長 飯田 栄治 プロフィール】
平成12年4月金沢学院大学着任。平成13年4月、美術文化学部助教授。平成18年、同教授。 これまで民間企業で、フライトシミュレータの開発に従事してきた経験を生かし、 メディアアート、テクノロジーアート、バーチャルリアリティに関するシステム開発を手掛けている。 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程修了。