『北陸 近代文学の舞台を旅して』

*目次*

【石川】
泉鏡花『町双六』―卯辰山
  五本松の怪異と亡母の奇跡(秋山稔)
徳田秋声『光を追うて』―浅野川界隈/中央公園
  没落士族の三男に生まれて(蔀際子)
室生犀星『幼年時代』―中川除町/千日町
  物語を紡ぐ犀川べりの小宇宙(水洞幸夫)
中野重治『歌のわかれ』―広坂界隈/兼六園
  四高の青春と「人の営み」(寺田達也)
井上靖『北の海』―香林坊界隈/内灘砂丘
  青春の残照に映える学都・金沢(寺田智美)
島田清次郎『地上』第一部―にし茶屋街/白山市美川
  逆境をはねのけ理想と夢を謳う(蔀際子)
古井由吉『雪の下の蟹』―金沢中心部/内灘砂丘
  豪雪が生んだユニークな小説(水洞幸夫)
中原中也『サーカス』『金沢の思ひ出』他―野町/下本多町/兼六園
  ゆやゆよんのノスタルジア(寺田達也)
曽野綾子『黎明』―寺町/本多町/広坂
  疎開者が見た「銃後」の町(蔀際子)
徳田秋声『町の踊り場』―尾張町
  生の実感とやすらぎを求めて(秋山稔)
室生犀星『性に眼覚める頃』―兼六園/千日町/野田山
  ライバルに捧げた鎮魂の小説(水洞幸夫)
竹久夢二『山へよする』『夢二画集 旅の巻』―湯涌/長町
  恋人彦乃への想い・金沢の「壁」(山下久夫)
折口信夫/春洋『春のことぶれ』他―羽咋市
  盃が伝える父子の強い絆(山下久夫)
加能作次郎『厄年』―志賀町富来
  活写された能登の風土(水洞幸夫)
森山啓『野菊の露―能登麦屋節考』―輪島市
  束の間の恋に生涯をかける(秋山稔)
泉鏡花『海の鳴る時』―能美市辰口温泉/粟生
  命を投げ出す女性の一途な想い(秋山稔)

【富山】
堀田善衞『鶴のいた庭』―高岡市伏木
  流転の乱世をみつめる眼(寺田達也)
三島霜川『水郷』『靈水』他―高岡市下麻生
  故郷に対する複雑な愛憎(寺田達也)
中河与一『天の夕顔』―富山市有峰/飛騨市山之村
  生涯愛から天に一番近い浄刹へ(田邊正彰)
小寺菊子『河原の対面』『父の帰宅』―富山市
  神通川原に織る明暗の記憶(蔀際子)

【福井】
山川登美子『恋衣』―小浜市
  29歳で亡くなった薄倖の生涯(柳澤良一)
泉鏡花『夜叉ケ池』―南越前町今庄
  龍神伝説を現代に甦らせる(秋山稔)
萩原葉子『天上の花―三好達治抄』―坂井市三国町
  詩人と叔母の愛憎の果て(寺田智美)
菊池寛『忠直卿行状記』―坂井市三国町/福井市/鯖江市
  越前藩二代藩主は暴君か(柳澤良一)

Comments are closed.