平成22年度 卒業論文題目一覧(抄)

【古典文学分野】
● 『古事記』のスサノヲについて-誕生からイザナギによる追放まで-
● 『源氏物語』の「夕顔」巻における生霊とは
● 『百人一首』の成立とその影響
● 酒呑童子説話の研究
● 十返舎一九『東海道中膝栗毛』論-自称「江戸っ子」の旅-
● 『好色一代男』の太夫たち-吉野・夕霧・高尾-
● 建部綾足『本朝水滸伝』論-「古言」「雅言」による古代的・神話的空間の創出-

【近現代文学分野】
● 二葉亭四迷『平凡』論-「愛」と「死」をめぐって-
● 『虞美人草』論-甲野と小野に関わる「道義」と「近代文明」-
● 徳田秋声『黴』論-本文の異同をめぐって-
● 徳田秋声『縮図』論-銀子の生き方を中心に-
● 泉鏡花『高野聖』の山中異界
● 泉鏡花『夜叉ケ池』論-伝説と三つの世界-
● 小泉八雲『怪談』考-妖怪と幽霊を巡って-
● 谷崎潤一郎論-『盲目物語』『春琴抄』を中心に-
● 谷崎潤一郎『瘋癲老人日記』論-颯子の造形
● 谷崎源氏の特徴-与謝野源氏との比較を通して(桐壷巻「更衣の死」まで)-
● 芥川龍之介『羅生門』論-物語に絡む「悪」と主人公の心理描写-
● 芥川龍之介の作品に見る色彩表現-『歯車』と『蜜柑』をめぐって-
● 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』論-「ほんとうの幸」とは-
● 『小僧の神様』-残酷な身分関係について-
● 太宰治『斜陽』論
● 心の深淵-『走れメロス』から見た太宰の闇-
● 井上靖『北の海』論-柔道を視点に-
● 深沢七郎『楢山節考』と棄老文学の系譜
● 江戸川乱歩『押絵と旅する男』論-「見る」ということ-
● 開高健『裸の王様』論-孤独の積層-
● 遠藤周作文学登場人物論-複数の小説に登場する人物について-
● 子母澤寛『新撰組始末記』の物語性
● 村上春樹-『鉛筆削り』から『ねじまき鳥クロニクル』までの渡辺昇-
● 村上春樹『海辺のカフカ』論-星の青年とジョニー・ウォーカー、物語中の謎について-

【日本語学分野】
● 宮沢賢治の童話における表現の考察-自然現象に関する表現を中心に-
● 現代隠語研究
● 石川の方言に対する若者の意識
● 若者言葉論

【その他、関連分野(日本民俗学など)】
● 狐と人間の婚姻-狐女房譚と玉藻前伝説-
● 遠野における馬の民俗学

Comments are closed.