金沢湯涌夢二館を見学してきました

平成25年10月5日、日本語日本文学基礎研究(1年次必修)の「特別講義」として、金沢湯涌夢二館の見学をしてきました。
見学当日は秋の特別展「山名文夫と夢二」の初日。山名文夫(やまな・あやお)は資生堂の花椿マーク、新潮文庫の葡萄マークなどで知られるグラフィックデザイナーで、夢二から大きな影響を受けたと言われています。
特別展示室では学芸員の川瀬千尋さんの丁寧な解説をうかがいながら、その繊細で流れるような筆遣いから紡ぎ出されるメルヘンチックな世界観に酔いしれました。
また常設展示室では、館長・太田昌子さんから夢二の人と作品に関するお話もうかがうことができました。
帰路、女子学生たちが「夢二のどこに(男性的な)魅力があるのか」と語りあっていたのが印象的でした。(TTo)

金沢湯涌夢二館前にて

 

トレニアとマリーゴールド@湯涌

Comments are closed.