フレッシュマンセミナーで交流を深めました

4月23日~24日午前にかけて「国立能登青少年交流の家」に行って1泊2日の合宿形式のセミナーを行いました。これは1年生を対象としていて、プレゼミナールの一環として行われ、スポーツを通して学生および教員との交流を深め、今後の大学生活を充実させるためのきっかけをつくることが目的です。スポーツ健康学部で「国立能登青少年交流の家」に行くのは初めてのことでした。

※それぞれの写真をクリックすると拡大されて見ることができます。

フレッシュマンセミナー1日目

9時頃に大学を出発して、10時頃「国立能登青少年交流の家」に到着 しました。その後、 学部長・学科長の進行の下で入所式を行い、 「国立能登青少年交流の家」の職員による説明がありました。

      

午後1時~4時頃までは、各自で希望した種目に分かれて活動しました。種目は、ディスクゴルフ、アーチェリー、ソフトバレーボールの3つです。1日目と2日目で種目を変えて活動しました。

■ディスクゴルフ編(良い写真の数が少なくて申し訳ございません)

          

■アーチェリー編

            

■ソフトバレーボール編

             

16時~17時までは休憩タイムで、17時からは氷見高校の生徒さん達との交流を深めました。本学部の代表学生2名が氷見高校の生徒さん達に本学部のことを簡単に紹介して、その後で「サイレントゲーム」が行われ交流が深まりました。

      

この後、入浴してお待ちかねの夕食タイムです。夕食はバイキング形式でした。その後に映画鑑賞の時間を設けました(5枚目の写真:映画鑑賞の開始説明の様子)。

         

フレッシュマンセミナー2日目

2日目は朝からあいにくの雨模様となりましたが、全員6時半に起床しました。

起床後 → 各自洗面・片づけ等 → 朝食(7:40から30分程度) → 清掃・荷物移動

        

2日目は、午前9時~11時頃まで、各自で希望した種目に分かれて活動しました。種目内容は1日目と同じでしたが、雨のためディスクゴルフ、アーチェリーは中止となり、1時間程度は前夜に観た映画の感想等を作文して、ソフトバレーボールや綱引きをしました。

■ソフトバレーボールおよび綱引きの様子

            

■前夜の映画鑑賞の感想を書いている様子

      

あっという間に2日目の班別活動も終わり、最後は退所式を行ってフレッシュマンセミナーを締めくくりました。退所式ではディスクゴルフの成績が良かった人に対する表彰式もありました。

    

2日間お疲れ様でした!(大学に戻って、午後からは授業も行われました。)

Comments are closed.