①    スポーツ科学モデル [スポーツ指導者]
スポーツ指導者(日本体育協会)、トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)、パーソナルトレーナー(NSCA JAPAN)、レクリエーションインストラクター(日本レクリエーショ協会)の資格の修得もめざします。将来の進路として、体育館・スポーツクラブ職員や公務員(社会体育担当)など。

②    健康科学モデル [健康運動指導士]
健康運動指導士(財団法人健康・体力づくり事業財団)の資格の修得を目指します。本学部は平成24年2月8日に健康運動指導士養成校に認定されています。将来はスポーツクラブや保健所・体育センター、病院・介護施設などの職員に。メタポリック・シンドロームの予防、生活習慣病患者への運動指導および高齢化社会への介護予防のための運動指導等の専門家に。とくに平成20年度から実施の「特定健診・特定保健指導」において、健康運動指導士への期待がますます高まっています。

③    保健体育モデル [保健体育教師(中学・高校)]
中学校・高等学校の保健体育教員免許状の取得を目指します。学校教育・社会体育での活躍が期待されます。

<取得可能な免許状>
中学校教諭一種免許状(保健体育)、高等学校教諭一種免許状(保健体育)