食物栄養学科

にしの きみこ

西野 喜美子准教授

これからの人間栄養学を

「大学でなにを学ぶか」学生に発信し、自分の得意とすることの発掘から人の栄養と健康をアプローチすることができるという魅力を伝えたいと、病院の管理栄養士から本学に赴任した。

食物栄養ではなく、人間栄養学に基づいて栄養ケアマネジメントシステムの導入がなされようになった今ほど栄養士、管理栄養士の専門性を社会に求められている時代はないと思う。「これからの栄養士、管理栄養士」を見据えて、学生が少しでも総合力をつけるには総合演習や臨地実習が重要であり、学内教員が協力し各専門分野をフル活用することで効果的な授業内容になると考えている。

本学から社会貢献のできる栄養士、管理栄養士が一人でも多く社会に巣立っていくことを念じている。「私は、美味しい物をたべることと作ることも大好きです。」金沢市出身。