アーカイブ



食物栄養学科

食と健康のスペシャリスト、「栄養士」になる。

人間性豊かな実践力のある「栄養」と「健康」のスペシャリストの養成を目指す本学科では、専門分野である「社会生活と健康」「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」「給食の運営」について講義、実験、実習を行い、食と栄養と健康のあり方を総合的に習得することで、安全な食生活を指導できる栄養士を養成します。

『ますます必要となる栄養士』

高齢化社会の到来に際し、疾病の治療はいうまでもなく、近年は生活習慣病の予防を重視した健康増進対策の必要性が高まっており、バランスのよい食生活を推進する重要性を担っているのが栄養士です。栄養士は病院・福祉施設・学校給食の管理者、また保健所・健康福祉センターで栄養指導にたずさわっています。さらに医療機関でチーム医療の一員として治療食の調理や栄養管理など、その活躍は幅広い分野で期待されています。

『栄養士の活躍の場』

◎病院(医療施設等):ベッドサイド・外来患者の栄養管理・栄養指導、病院食のフードサービスマネジメント、治療食の調理・指導、栄養アセスメント、調査研究、チーム医療への参加など。

◎行政(保健所、市町村保健センター等):「健康日本21」の地方計画の策定、健康展や栄養学級の開催、健康情報の収集、栄養相談など。

◎福祉(老人施設・保育所等福祉施設):利用者の個別栄養管理、栄養指導・食教育、給食管理、摂食障害に関する研究・調査など。

◎産業(事業所・寮等):給食業務、中高年労働者の健康管理、生活習慣病予防の食事指導など。

◎学校(小・中学校、教育委員会等):学校給食管理、栄養管理、給食指導、食に関する指導、衛生管理や家庭・地域との連携など。

『管理栄養士国家試験受験準備講習会』

卒業後に管理栄養士の受験資格取得に必要な3年間の実務経験を積む方々を対象に、「国家試験受験準備講習会」を開いて卒後教育を実施しています。

『資格』

◎栄養士免許:卒業後、3年間の栄養士実務経験を積むと管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

◎栄養教諭二種免許状(教員免許状):学校における食の指導者として、栄養についての専門性の上に、教育についての見識を併せ持った教育職員免許状です。(教職科目の履修が必要です。)

◎社会福祉主事(任用資格):「社会福祉主事任用資格」は本来、福祉事務所の現業員(ケースワーカー)として任用される者に要求される資格(任用資格)ですが、社会福祉施設職員等の資格基準などに準用されています。